コスメル で考えた3

テーマ:

(続き)

ボクシングではそれほどは稼げないことに気付いた時には、もうドップリとボクシングにハマっていた。


ボクシングこそは俺の生きがいだ。

俺はボクシングをやるために生まれて来た。


……。

お金を稼ぐのは、いつだっていいだろう。

けれどボクシングは、若いうちだけだ。

そう、若いうちだけ…。


……まさか42歳までやれるとはその時思ってなかった……。


……遅くなったけれども。

まだまだ、……出来れば死ぬまでやりたかったけど。

ついに、終わりは来た。

俺の試行錯誤は、終わりを告げた。


……これからは、とにかく頭を使って効率的にお金を稼ごう!

こんだけ長い間肉体を酷使したら、もう大変なのは十分だ。


……。

……大体20歳くらいから60歳くらいまで、人は約40年間働く。

……「若いうちだけ」なんて思ってて気が付いたらもう、人が働く半分以上の時間が過ぎていた。

残された時間は、長くはない。のんびりはしていられない。

なるべく時間と手間暇かけずに、お金を稼ごう。


……ただ。

ここまで来て。


疑問が浮かぶ。


「お金そのものが目標になるか?夢になるか?

……俺の夢ってのは、なんてゆーか、そんなものだったのか??」


何でだろう?


あんなにお金に苦しめられた。

将来は、必ずお金持ちになるはずだった。


お金持になることが、俺の夢だった。


……けれど、そこでお金を目標そのものにすることへの、抵抗。


……ここでようやく最初に言った、二択に戻る。


最初の自分への問いは、「お金」か、「お金じゃないか」だった。


{F3070895-8CD2-41A7-B72F-C1DA82454F46}



格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村