最後の一文

テーマ:

{5E3F54AC-3A72-4B8F-8D4E-F3E92472E884}

ボクサー佐々木基樹の眠る地。

五年前一度引退した時と全く同じ場所に、俺は腰掛けていた。


7年前、勝利を盗み取られた悔しさは、まだまだ残る。

……まだやれるくせに、スタミナ切れてポイント取ってるからって、「もうダメだぁ〜!」
とかやって終わりにしてんじゃねーよ!


……今なお、本気で悔しい。

今なお、本気で悔しがれる自分
がいる。


……ここは、俺にとって、何だろう?


……。


………。


…………。


墓場だな。


ボクサー佐々木基樹の魂が眠っている、墓場だ。

{40B66BC8-57F1-43E3-8823-6E4E76849E7F}

そうだ形あるもの全て、終わりは来る。


ボクサー佐々木基樹は、終わったんだ。

そしてその魂が最も躍動した瞬間。

ここが、ボクサー佐々木基樹の墓場だ。


……安らかに、眠れ。


……世間が忘れても、俺はお前を忘れない。


また時々、お参りしに来るよ。


ゆっくり眠れ。



……この「おやじボクサー日記」を閉じる時には、この言葉で終わろうとかねてより決めていたセンテンスがある。



今日は、その言葉で終わりたい。


……足掛け25年間。


ボクシング馬鹿でいい。

その到達したところが、俺の価値だ。

俺の生きる意味だ。


他の何で負けたって構わない、ボクシングだけは負けるな。


勝利こそが俺の全てだった。


どんなに困難だと思われても、問題を細分化し、状況を把握し、試行錯誤を繰り返し続けた。


一歩でも、半歩でも、目標に近づくために。


……永い永い闘いは、ようやく終わりを告げた。





……俺の試行錯誤は、終わりを告げた。





格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村