謝罪と日本タイ修好記念展続き

テーマ:
数日前の、「その人の自己責任だとしても、俺が助けなきゃならない人は誰なのか」。

それは自分自身ちゃんと知っておかなくてはならない、ちゃんと知っておくべきだと思ってのことだったけれども。

だからといって人の厚意を試すような真似は良くないですね。


不快な思いをした方、すみませんでした。


……と、いうわけで、タイ国立博物館の続き。


タイの博物館とかで昔の絵とか見ると、何だかヘンチクリンだと思っていたが。

{F9147B8E-CF21-4CA0-9630-E6D795DB69C5}


{39D8C85D-7593-47AF-B9FD-8AB430B576F9}

{98FC1259-3823-4A7B-B44E-6633B44DB0F2}

何て言うか、写実と離れすぎというか。

マンガチックというか。



…………。


しかし、こうしてタイで日本の昔の絵を見てみると。

{6CF973C0-959D-4BF3-A19E-F45FC022B415}

{32EB03E9-2F5C-4841-BDF7-0F2885C733D8}

落ち着いて見れば、こっちもだいぶ変ですね。


……芸術作品も、その時代と場所により、かなりの違いとまた類似性がある。

中世ヨーロッパなんてまた、独自の違う描かれ方をしている。

この独自性と類似性を、文化という。


面白いもんですねと、何だか真面目でまともなブログで終わろうとするとしっくりこないのは、何故なんだろう……??笑


⇩今こちらより宿を予約された方に、二千円相当の割引(ペイバック?)が付いてくるそうです。


格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村
AD

コメント(1)