金持ちは吉野家を味わえない

テーマ:
「ウチは貧乏なんだから」という理由で、俺は小さい頃から色々な我慢をしなければならなかった。


欲しかったオモチャ、超合金ナントカだとか、同世代はよく分かる「キン肉マン消しゴム」、ファミコン(これは姉が欲しいと言ったら買ってもらえた)、自転車も。

欲しいものは常に我慢するのが当たり前だった。

そのフラストレーションは、後のハングリーさを養うのにとても役立った。


ボクシングはハングリーなスポーツだと言われる。

俺に言わせりゃ、当たり前の話だ。

ハングリーなヤツは、元から我慢を知ってるから。

蝶よ花よと何不自由なく育てられたお坊ちゃんお嬢ちゃんに、負けるわけがない。負けてはならない。


……。

話がどこまで逸れるか分からないから、慎重にいこう。笑


知ってる人で、お金持ちの家に育った人がいる。

ちょっと暑いと暑い暑いと騒ぎ、ちょっと寒いと寒い寒いと騒ぐ。

ちょっとでも腹減ったと感じれば、何か食わずにはいられない。結果太り続ける。

……ちなみに俺は、気温0度〜32度くらいまで平気だ。……15度以下は北海道で培われたものだが。

……マイナス3度とかになると寒い。メッチャ寒い。気温も33度を超えると、暑い。

ちなみに腹は、水とかコーヒーさえあれば、20時間程度何も食わなくても平気だ。


……特に幼い頃に恵まれ過ぎてると、大人になってからでは修正出来ない気がする。

……これはどちら側にも言えて。


元々普通で、今お金持ちになってる人でも、金銭感覚や味覚は、そんなに変わらない人が多いんじゃないか。

同じもの食って同じように楽しめる。


……そーいや前に書いたけど。

お嬢様育ちの人が、「吉野家行った事がない」と。

「むしろ一回食べてみたい」と。

あんな美味いもん食った事ないなんて、可哀想なヤツだなと。

よし俺が「ご馳走してやる」と!笑

……喜んで行った吉野家、一口食べて「ちょっともういい…」と。

店を出てから聞くと、「添加物の匂いが私、ダメで。ごめんなさい」と。

あ、いや、いーんですけど。

……お嬢様ってのは、むしろ可哀想な面もあるんだなと感じた。


一つ言えることは。

(長くなったので続く)

{593905C4-2758-4045-A507-4CE28E8815A4}
カンボジアで物乞いをする子供



格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村