乱闘事件発生

テーマ:
カンボジア。

首都、プノンペン。


ふとメシ食ってたら。


なんか騒がしい。


{8102A982-040A-4558-A47D-350E21129177}


{97DD82E6-FF09-4A3F-B952-8C563DBBE973}


何か悪さしたのか、少年がガードマンらしき男にブン殴られている。

{2FC9B567-0C2F-46F5-BCA6-284EC276836B}

{0EBA3A92-E304-44F6-ABA8-05FF8C689856}

左ストレートのヒットシーンは撮れなかった。


さらに追撃。

{FCB35647-5FEB-4D7A-ABC9-12D102026A87}


血まみれになってる。

{FC162C9D-1414-402A-B76E-D888E5327CF2}

たぶん少年が悪さしたんだが、ガードマンらしき男もやり過ぎだろう。


……。

どっが悪いのかは分からんが、カンボジアは時々あるなぁ。


前も何だか竹の棒で泣きながら人を追いかけてて、逆に反撃され大勢で1人をボコボコにしてだと思ったら、今度は1人やられてる人の友達かなんかがフルフェイスヘルメット被ってただ1人突撃して救出、というシーンに出会わせた。


ポル・ポト率いるクメール・ルージュによる凶行で、国民の実に三分の一が殺された惨劇から、はや40年。

約20年前に初めてきた時にはウロウロしてた地雷で足無くした人達も、ほとんど見かけなくなり。

明らかに成人男子の少なかった人口比も、別に何も感じなくなるまで戻り。

当時からすれば劇的に平和な日々が訪れた。


タイやベトナムに出遅れたぶん、経済成長率は目覚ましいものがあるそうだ。

定期預金の利子率5%だよ?

日本で変な不動産投資するよりよっぽどいいよね。

ドル建てで出来るし。


…………。

ブログで時間を「浪費」にさせないためには、やはりアフィリエイトしかないのかなぁとも思いつつ。
……でも昨日の話も、応募してくれた方はいて。
あくまで「無駄」ではないね。

……というところで、今日もこれ使った宿に泊まってるんだけど、有名なのがブッキングドットコム。


これ一つで地域や設備や値段で一発検索できる、便利なシロモノなのだ。
上のリンクから予約して一回泊まってくれると、二千円相当のギフトが送られるそうです。
…もちろん俺にも入るけど。


格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村