タイでボランティア

テーマ:
旅人が接するタイ人は、どうしても質が落ちる。

とにかく金金カネカネ言ってきて、金をせびることしか考えちゃいない人種が基本だ。

……今回ざっと挙げても、俺も何度もやららた。


……。

カオサンで腐ったドリアンを売りつけてきたオバハン。

一口かじってからすぐ気がついて、「これ腐ってるよ!」と言いに行くと、「じゃあこの半分くらいのやつだったら交換してやるよ!」と。

「いやいや、せめて同じくらいのよこせよ」

「あんた食べてるじゃないの!!」

食べなきゃ腐ってるの分かるかぁあああ〜〜〜〜!!

つか吐き出して食ってねぇ〜!!

何言ってやがるんだ!?

一歩も引く気配はない。

仕方ない。

ツーリストポリスか。

無茶苦茶な事言ってるやつらでも、やはり警察が来るとおとなしくなる。

日本と違って国家権力は絶大だ。

時間もったいないけど、悪いヤツはそれを分からせなきゃいけない。

ツーリストポリス〈タイには旅行者専門の警察があるのだ)。

……と思ったら普通の警察だった!!

……なぜ旅人の集まるカオサンに??

……で、しかし、現場行くことはできないと。

……仕方ない、結局小さめのドリアンと交換で手を打った。

……。

ラオスだけど。

名前出しとこう、ヴァンビエンのシャンタラゲストハウス。

夜11時にホテル戻ると、もうレセプションも何も全て鍵かけて閉じてる。

……受付に預けた、俺のルームキーは??

しばらく待ったり、他の部屋の日本人に聞いてみたりしたが、やはり分からない。

仕方なく、他の宿をとって泊まった。

……バンビエン唯一の日本人宿とか言われてるシャンタラゲストハウス。

ここに行ってはいけない。

最初聞いたら8000キープと言ってたけど、横からボスらしき男が「10000キープ!10000キープ!」と口を挟んできたりしてた。

ヴァンビエンのシャンタラゲストハウス。

絶対に行ってはいけない。


タイマッサージ。

「250パーツでいいから!」

と言ってた愛想いいおばちゃん。

マッサージが終わると、「300パーツ!!」

ダメだこりゃ。

250置いてフザケンナととっとと帰ってきたけど。


……ただ、そんなことは日常茶飯事である。

タイ旅してりゃそんなことばっかりだ。

半分戦いに行くようなもんだ。


……ところが、そんなタイランドに、ボランティアで通う男と出会った……。


……そうそう、これが本題だったが長くなったので続く……。


{E2283562-BEBA-46D1-88C0-4E80083A536C}

{F12756F1-8D91-4C2A-B29B-9CBC0B3095E3}

クリックあざます!

格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村
AD