「友達」と「お客様」って、全く違うものじゃないですか。

社会人だと分かると思うけど、例えば普通にメシ食ってても、「友達」とメシ食うのと「お客様」とメシ食うのは全然違うじゃないですか。

これは自分が「お客様」の場合も無意識に違ってて。

……こちらが意識しなくても、相手は気を使っているわけですね。


……で、ですね。

「友達」と「お客様」ってのは、根本的に違うものなんですよ。


……で!


駄菓子菓子!


ボクサーの場合。


これがかなりごっちゃになるという現実が存在する!


「友達」がチケット買ってくれる「お客様」でもあり。

「お客様」がいつの間にか「友達」になり!


……「お客様」が「友達」になるかどうかは、相手の方向性によるな……。「友達」になりたい人ばかりとは限らない。



……本来分けるべきものなのだろうけど。


「友達」が「お客様」じゃ、ネズミ講みたいじゃんね?


…けど実際、まず試合応援に来てくれる人は友達が多くて。

でも例えば俺の場合、知らない人も応援に来てくれて。

その人は間違いなく「お客様」であり。

……けれど普通「お客様」であるならそのままでいた方が心地いいものだけど。

ボクサーの場合その「お客様」は「友達」になりたがる場合もあったりして。


…………。

……だから俺も「皆友達!!」って感じであえてフランクな口調でブログを綴ってるわけですね。


……うん、言い訳だよ!

書きやすいからだよ!

……いや、リアルを言うと他にもあるけど……。


もとい!


本来全く違うものである「友達」と「お客様」。

例えば仕事だったら、「お客様はお客様で、友達じゃないんだから、そのことはわきまえなきゃいけない」と教わるわけだけど、ボクサーのお客様は、どっちかっていうと友達で良かったりする。むしろ友達と認識される方が喜ばれたりするケースもある。


普通はあんまり良くない場合も多いのかもしれないけど、ボクサーの場合仕方ない。

絶対切り離せない。笑

中学高校からの親友と言える友達は必ず来てくれたりしたし、ずーっと応援してくれてる人はすでに友達だ。

ボクサーの場合、切り離せない。


一つだけ言えることは。

自分にとって大切な人は、須く(♯)俺の試合会場にいた。


自分が一番大切にしてるもの。

それを応援してくれる人が、大切じゃないわけがない。



(♯須く…「すべからく」。「全て」の意味で使用するのは誤用とされるが、これは誤用から意味を転じた日本語の代表的な例だから、これでいいのだ)




{C5090BAD-CD01-4694-A17F-1CBBF442C011}

北海道今年雪少ないなーっと思っていたら。

「除雪入った直後だよ」と。

「あっちの通り見てみ」と。

{0F067448-7AA1-444D-87E8-0F3FCBE164B2}

うん、幟(のぼり)よりも高くこんもり積み上げられてるよ!

やっぱ雪すげーよ!

札幌雪まつり、今週開催!

続いて小樽雪あかりの路、9〜18日開催!

来られる方はお待ちしてます。笑

⇩二千円相当お得になる予約サイトはこちら
https://www.booking.com/s/20_8/boxers06

⇩仮想通貨取引所大手のザイーフはこちら。とりあえず口座作って一万円くらい入れてくみてくれるといいことあります。
Zaif

AD