泣いて馬謖を斬る

テーマ:
三国志でおそらく一番有名な軍師、諸葛孔明が可愛がっていた弟子、馬謖(ばしよく)。


ある時命令に背き独自の采配をした結果、大敗してしまう。

(ちなみに当時の中国では、命令に背いても結果さえ出せばOKという暗黙のルールがあった)


負ければ当然、死刑となる。


孔明が個人的にも可愛がっていて、軍師として育てていた馬謖。


蜀の未来のためにも、亡くしてしまうにはあまりにも惜しい。


……しかし軍規に照らし合わせれば、処刑せざるを得ない。



……で、その結果。



孔明は、泣く泣く馬謖を斬ったと。



……まぁ有名な話なので三国志好きな人とかは知ってるが。


組織のルールには、私情はもちろん、組織としての利益に相反していたとしても、従わなくてはならないと。


そういうことなんですが。


……これ、個人にも当てはまるんじゃないかなと。


「自分のルール」がある。


……そんなもんなしで何でもありの方が楽なのかもしれないが。


自分のポリシー。


自分のルール。


これは、自分の目先の利益に、優先させなければならないのた。


それが、信念や意思に繋がっていくんじゃないのか。


そういうもんがなければ、価値あるものは何も生まれないんじゃないか。


そんなふうなことを考えつつ、秋ですね。

ラーメンが美味い。


{AFD0A1D6-654E-4F90-AD58-260F58690B7F}



格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村


AD