ボクサーは、基本普通の生命保険には入れない。

理由は、死ぬ確率が高いから。

でも、むしろボクサーこそ入っておくべきだ。


まぁ死んじゃった後のことはいいとして。

重度後遺症だとか、長期入院だとか。

もしもの場合、家族や周りや、自分のその後の人生が辛くなる。

最低限の保険には試合する時に入ってるわけだが。

どの程度保障されてるのか、皆知らないだろ?

どの程度保障されてるのかはだね。


俺も知らない。


ただ、やっぱりそこまで厚い保障かどうかは分からないと思うんだ。

ちゃんと自分で調べてみて、それで納得できたならそれでいいけど。

そうでないなら各自で保険には入っておくべきだ。


そんなアナタにピッタリの保険はこちら!





…とかやりたいけど、俺は保険代理業務じゃなかった!


うおっほん。

で、ですね。

普通はボクサーが入れてもやたら保険料が高かったりするのだが。

職業問わず、誰でも一律平等に入れる生命保険がある。

郵便局で入れるかんぽ生命保険。

以前かんぽも危険職業はダメになったと誰かに聞いた気がして、それをかなり前のブログでも書いた気がするけど。

今でも大丈夫なのを確認した。


まぁ、保険は色々な会社も種類もあって、何が自分にベストかは難しくなるけれど。

ボクサーならおそらくかんぽが一番いいのではないかと。


そんなこと心配する人はあんまりボクサーにはならないことも俺は知ってるけれども。

勝負の世界が非情であることを、ボクサーなら知っているはずだ。

特に嫁子供いる人。

それでなおボクシング続ける以上、自分で生命保険入っておくのは男として最低限の責任だと俺は思う。

photo:01


AD