続・職務質問

テーマ:
昨日のブログに対する反響は一体・・・。

みんな俺が職務質問に遭うのがそんなに面白いのか!?(泣)



実は、ものすごいのを一つ思い出したんだ。


これもジムの行きか帰りだったな。

いつものように、さらっと言ったけど、いつものように、職務質問。

いつものように、かばんを開けられる。

「変なもの持ってないよね?」

「持ってないですよ」


と。

その時ぃ!


警官は、リュックの外側ポケットを開けた!


開けてしまった!


そこには。


ビニール袋に包まれた。



白い粉。



警官の動きが一瞬止まる。


表情が変わる。


「これは?」


しまった。


白い粉なんて、持ち歩くべきじゃなかった。


持ち歩くべきシロモノじゃない。


ジムに置いといて、こっそりと注射器で・・・あいや違った、練習前に飲むべきだった。


この時、小分けされた製品は持ってなかった。

大袋の方が安く買えるから、大袋で買って後は自分でビニール袋に小分けして持ってた。


「これは何?」

明らかにまずいブツを発見した顔をして、警察官が俺に問う。

「アミノ酸ですよ」

「アミノ酸?」

自分がプロボクサーであること、ジムに通ってる最中だと言うこと、を説明し、リュックの中の
練習着、プロボクサーライセンスを見せて、名前は佐々木基樹ですネットで調べればすぐ出てきますよ
と説明して、ようやく信用してもらえた。


焦った焦った。

ちゃんちゃん。


その日の教訓・職務質問によく遭うボクサーは、アミノ酸をビニール袋に入れて所持しちゃいけない。
       とってもまずいモノに間違われる。
AD