焦り・アドバイス視点

テーマ:
心肺機能が回復しない。

身体、つまり筋肉はそれほど疲れを感じていないのに。

焦る。

しかし焦りは禁物。

軽めに抑えた。


マス中川5R。

やっぱり心拍数の戻りが良くない。

まぁ、三週間前。

こんなもんっちゃこんなもんか。

こっから追い上げですよ。

それでいつも俺は勝ってきた。



このブログ見てくれてると言ってた清田裕三君が、カルロスとスパー。

ミドル級超えのド迫力スパー。

「すげー」とボケーっと見てたんだけど。

「佐々木さん、スパー見てくれてましたよね?何かアドバイスないですか?」と聞かれて困った。

ボケーっと見てただけだから。


最近、他のボクサーにたまに言われる。アドバイスないかと。

あんまりアドバイス視点でスパー見てないからさ。

見てたら言うんだけどね。


・・・・かなり前からの話だけど。

「アドバイスしたがり」っているじゃんか。

ちょっと数ヶ月練習したら、もう新しい子に教えたがる人。

いやいや、まだまだだろって。

まず自分に集中しろって。

これ、プロでもいる。

やたら人のこと見ててあーだこーだ言いたがる人。

現役のうちは、人のことより自分のことだろと。

そこまでもうボクシング極めてるのかと。

そんな思いがあり、人のボクシングにあれこれ口出すのは元々好きじゃない。

が。

もう現役ボクサーとしては長老クラスになり、結果もそこそこ出してるわけで。

もし自分が若いボクサーだったらアドバイス聞いてみたい人になってるわけで。

早いもんだ。

自分に集中できる範囲で、これからはアドバイス視点で少しスパーを見よう。
AD