相続における葬儀費用の負担 | 佐々木・魚谷法律事務所のブログ

佐々木・魚谷法律事務所のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
葬儀費用は、遺産から支払って、遺産分割の際に差し引いていいのでしょうか?

葬儀は、被相続人のために執り行なうものなので、遺産から出せばいいのではないかと考えられます。

しかし、葬儀費用を遺産から出していいのか法律では定められていないのですが、判例では、遺産分割の対象として控除しないということになっています。
なぜなら、葬儀費用は相続開始後(被相続人の死亡後)に生じた費用なので、被相続人の債務ではないこと、葬儀主宰者が自己の責任と計算において手配したものなので葬儀主宰者が負担すべきであるという理由です。

ただ、判例も、遺産から葬儀費用を出してはいけないとまで言ってるわけではなく、相続人全員で合意すれば構わないと言っています。
相続人間で揉めなければ、葬儀費用を遺産から支払って、残りを分割するということで問題ありません。

もっとも、弁護士に依頼が来る件は、相続人間で揉めているからなので、葬儀費用についても、一部だけ遺産から出すのを合意するとか、遺産から出すのを一切認めないということが多いです。

弁護士 佐々木

佐々木・魚谷法律事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス