今回は新宿の街並みを散策します。

その前に、戦前・戦後の新宿の様子を地図で眺めながらおさらいをば。



アド街が放送しない東京散歩-新宿東口 戦前 地図

昭和10年ごろの新宿駅東口を業種別に色分けした地図(※1)。

新宿が繁華街として発展したのが、関東大震災後の大正から昭和にかけて。

人の流れが関東大震災で被害が甚大だった銀座や浅草など古くからの繁華街から、新宿や渋谷といった新興ターミナル周辺に流れ、繁華街として急激に発展するんですね。


江戸時代こそ、内藤新宿という甲州街道の宿場町として栄えるのですが、当時は「馬糞新宿」と揶揄されるほど扱いが粗末だったわけで。

というのも、江戸市中から出る汚穢を近郊の農村に運ぶために馬が多く往来していたから。

そして、街道沿いには遊女屋をかねた旅籠が軒を連ねていたことも、繁華街として低く見られていた要因なのかもしれません。

新宿駅が明治18年にできるのですが、町の中心である内藤新宿からは離れた場所だったため、駅前は飲食店がポツポツと並ぶ程度と繁華街とは程遠い街だったようです。

もっとも、当の内藤新宿も明治に入っても依然と古い宿場町の風景のままだったんですが。


しかし、前述のように、関東大震災を前後して新宿が一気に発展するんですね。

大正10年には宿場町に点在していた遊女屋を新宿二丁目に集め、新宿遊郭ができます(上の地図の水色で塗られた部分)。

当時の新宿二丁目は、現在の新宿三丁目の一部、現在の明治通りから東寄りまで範囲が広がっていて、遊郭も寄席の末広亭の手前まで広がってました。

アド街が放送しない東京散歩-新宿遊郭 地図
昭和12年当時の新宿遊郭の地図(※1)。太線で囲まれた範囲が新宿遊郭。


そして、震災後には伊勢丹や三越をはじめとした百貨店に加え、映画館や劇場、寄席など娯楽施設が建ち、飲食店やカフェー、バーも軒を連ねます。

特に新宿遊郭の周辺や三越裏が当時カフェー街でした。



アド街が放送しない東京散歩-新宿東口 戦後 地図

昭和30年ごろの新宿駅東口を業種別に色分けした地図(※1)。

新宿は戦災による被害が甚大なため、戦前の遺稿はほとんど見られません。

新宿遊郭も、真ん中を御苑大通りに貫かれたことでエリアを縮小し(水色のエリア)、赤線として存続します。

新宿が再び発展するのは、いわゆる闇市がきっかけ。

濃い青色で塗られたエリア(現在のゴールデン街、赤線地帯の南側など)は、駅前の闇市撤去に都内移ってできた飲食店街で、赤線まがいの営業をしていた青線地帯でありました。



アド街が放送しない東京散歩-新宿赤線 地図
昭和26年当時の新宿・赤線エリア(※1)

上の地図で太線で囲まれたエリアが赤線。

地図上で「〇キ」で記された店が特殊飲食店で、赤線エリアのほとんどが特殊飲食店街。

エリアに外れた周辺にも特殊飲食店は密集していましたが、こちらは青線(いわゆるもぐりで「営業」していた)なんですね。





アド街が放送しない東京散歩-昭和40年代 新宿二丁目
昭和43年当時の新宿二丁目(※2)

赤線は昭和33年の売春防止法施行で廃止となりますが、この頃より新宿の歓楽街としての座は歌舞伎町へと移行されていくんですね。

新宿二丁目界隈も、上の写真のように赤線や青線の店舗から旅館やらトルコやらへと転業するところもあるようですが……




アド街が放送しない東京散歩-現在の新宿二丁目 旧青線
ほぼ同じ場所を撮ってみたんですが、当時とはほとんど様変わりしてますね。

東京都内、とりわけ新宿は新陳代謝が激しい街で、古い街並みがなくなるのが早いこと。

しかし、よく見比べると、「薫」の看板だけはそのまま残っていることに気づきます。

あの当時からあったんですね。




アド街が放送しない東京散歩-「薫」の看板の店舗 アド街が放送しない東京散歩-「薫」の看板の店舗

店の外観からして、赤線当時(エリアからすると赤線から外れて青線なんですが)にもあったような雰囲気に見えますね。

赤線エリアにはカフェー建築が多く残っていたんですが、今ではほとんど取り壊されていて、当時の名残を見つけるのが困難になってます。




アド街が放送しない東京散歩-昭和40年代 新宿二丁目
昭和47年当時の新宿二丁目(※2)

赤線廃止から10年以上たっている街並みなんですが、遊里の近くにはセットとして存在する質屋の看板が見えますね。




アド街が放送しない東京散歩-山形質庫 アド街が放送しない東京散歩-山形質庫

件の質屋、昨年まであったんですね。

丸い「質」の看板、年代とともに色が変わったのかも知れませんが、そのまんま残っていますね。




アド街が放送しない東京散歩-現在の新宿二丁目 山形質庫があった場所
で、当時とほぼ同じ場所を撮ったんですが、あの質屋さん、取り壊されていて、「タイムズ」になってます(涙)

街並みもあの当時とは違ってますね。



などと前フリが長くなってしまいましたが、次回からは新宿の街並み(一丁目~四丁目)の散策です。



※1引用 新宿歴史博物館編『新宿区の民俗 (3)新宿地区編』

※2引用 川本三郎 泉麻人監修『加藤嶺夫写真全集 昭和の東京1 新宿区』




【送料無料】赤線跡を歩く [ 木村聡 ]

【送料無料】赤線跡を歩く [ 木村聡 ]
価格:1,050円(税込、送料込)

AD