こんにちは!SASAです♪

冬に向かうこの季節。

 

「台東」で釈迦頭農園を経営しているお友達より、

今年の「釈迦頭」が届きました~!

 

今まさに、これから旬を迎える台湾で、人気のローカルフルーツ「釈迦頭」をご紹介したいと思いますルンルン


「釈迦頭」は台湾では「土釋迦」と呼ばれ、見た目は、

お釈迦様の頭のような果物です。

土釋迦にも種類いくつかありミルキーな味の「牛奶釋迦」、ほんのりピンク色をした「蘋果釋迦」などに分かれているそうです。


 

表面がでこぼこしていて、とっても面白い形です。

 


 

台湾の「釈迦頭」の生産時期7月から2月まで。

11月からが最盛期で、まさに今が旬なんです!!

 

産地は台湾の東側「台東」の「初鹿」、「知本」、「太麻里」。

お友達は「知本」で釈迦頭農園を経営しています。

 

台風が直撃することが多い台東では、昨年の台風で大きな被害を受け、

6割以上の釈迦の木が折れてしまうなどのダメージをうけたそうです。

 

ダメージをうけた釈迦の木の再生には、なんと、5年かかります。

損失も大きい中、地域の人たちと協力し合い、農園を再生し、

「太陽很多(太陽がいっぱい)」のブランドを作りました。

 

この釈迦は、地域の人たちの想いと努力の賜物なんだなぁと思うと感激!

 

早速割ってたべてみると、、、、果肉は白くてクリーム状です。

 

釈迦頭には、「ビタミンC」「カリウム」「カルシウム」「マグネシウム」

「燐」などが含まれており、

ビタミンCはイチゴの1.5倍、

リンゴの40倍で、美容や免疫力向上効果が期待できる

栄養素が沢山含まれています♪

 

 

果肉はトロトロで、くりーみぃです!

 

夢中でどんどん食べてしまいたくなるのですが、種が入っているので注意しましょう。。

糖度が高くとっても甘いので1個食べるとおなかいっぱいになります。

 

食べ方ですが、私はいつも2つに割って、スプーンですくってたべます。

 

釈迦頭の食べ頃サインの見分け方ですが、 軽く抑えてみた時に

皮がやわらかくっていると食べごろとなります。

それ以上熟すと、皮が黒っぽくなることがありますが、問題はありませんのでご安心を!
 

日本ではなかなかお目にかかれない、熱帯フルーツなので、

旬の「釈迦頭」を味わうなら今です~!

ジャムや、アイスにしてもおいしそうですね。

 

日本への発送は検疫の問題で、まだ行うことができないそうなのですが、

台湾在住の場合、採れたての「釈迦頭」を台東から直送でお届けが可能です。

1箱450元で販売しています

少しでも台東の釈迦頭農園の方々の手助けになれば、

と今回ご紹介をさせていただきました♪♪

甘くてとろける「釈迦頭」のお取り寄せはこちらからできまーす↓↓↓

太陽很多FB<https://www.facebook.com/alotofsun/>

日本語の場合は、メールまでご連絡ください♪

sasa.taiwantaiwan@gmail.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもご覧いただきありがとうございます★

おいしそう!と思った方はいいねグッをお願いいたします♪

 

ぽちっとお願いします。

↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ
 にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

==========================
好吃、好玩、旅遊、試吃、邀稿合作 
中日文皆可請歡迎洽詢:sasa.taiwantaiwan@gmail.com
◇2017年 與TOMOTOMO合作:http://jp.tjtomotomo.com/
==========================
インスタはじめました!台湾好きな方、おいしいものが好きな方ぜひぜひフォローよろしくおねがいします。 

Instagram

AD