謙虚への自然な流れ | さる山さる子が行く。

さる山さる子が行く。

【整体占いさる山さる子】は、小田急町田駅西口徒歩2分にある日本で唯一の整体占いのお店です。
整体占いは、整体と占いを組み合わせ、気・心・体(精神・心・肉体)を同時に健康に導く独自の施術です。これは、スタッフブログ。


テーマ:

先日、さとうに「謙虚になるにはどうしたらいいんだろうか?」と聞かれ、

「謙虚はなろうとしてなるもんじゃない、世界が広がれば、自然になるよ。」

と答えたのですが、あまりに抽象的すぎて、よく分からなかっただろうなと思ったので、ここで説明しようと思います。

 

『世界が広がる』というと、一見、所属する団体が増えるとか、外国に行って見聞を広げるとか、そういうイメージを持つかと思うのですが、そういう意味ではありません。

もっと平たい言葉で言うなら、『できることが増え、それに伴い分かること(想像できる世界)が増える』という感じでしょうか。

 

例えば、先日さとうが自らレジの設定に取り組んで、ちゃんと使えるようになるまでに丸2日くらいかかったわけですが(悪戦苦闘)、こういう設定に2日もかかるというのは、実際にやってみて初めて分かることです。

自分でやったことがなければ、『レジ到着=レジを使い始める』という感覚になるわけですが、実際には

 ・レジを受け取る

 ・箱から出す

 ・説明書を読み、理解する

 ・設定をする

 ・説明書をしかるべき所にしまう(整理)

 ・段ボールや梱包材等を捨てる

などなどの工程が必要となります。

レジが届いたからといって、直ぐに使えるようになる訳ではないのです。

そして、その作業は、必ず誰かがやらなければなりません。

 

 

レジだけでなく、あらゆるものにはこういった工程がいちいち必要となるわけですが、私たちが日々生活したり仕事をする上で、この工程を意識することはあまりありません。

 

例えば、スイッチを入れれば電気やガスは使えるし、ゴミは出しておけばいつの間にかなくなっている。

インターネットに繋げばいろいろな情報が取り出せるし、お金を払えば簡単に欲しいものが買えるわけです。

家庭の中では、朝起きればご飯ができていたり、「お茶」と言えばお茶が出てきたり、いつの間にか家の中が綺麗になっていたりするわけです。

 

そしてそれらは、自然には起きません。

必ずそこには誰かが関わっていて、そういうシステムや状況を作って、私たちに使わせてくれています。

そう、私たちの『快適』の裏では、必ず誰かが何かをやってくれているんです。

 

そして、その『快適』を提供することは、いちいち大変です。

レジを快適に使えるようにするだけのためにでも、丸2日かかったんです。

スイッチを入れれば電気がつく、これのためにどれだけの年月と試行錯誤と努力と費用がかかったのでしょう。

 

そういうのが何となく想像できるようになるには、経験値が必要です。

人は、自分がちゃんとやったことに関しては、その大変さが分かります。

なので、やったことへの自己主張はすごいです。

『これだけ大変だったんだ、その大変さを分かって!』という気持ちになります。

 

でも、経験のないことは、想像すらできません。

想像すらできないことは、スイッチを入れれば自然に電気がつくのだというように、簡単にできると考えてしまうのが、人間の性です。

それ故に、経験値の少ない人は、『自分だけが大変』だと思いがちです。

この状態が『傲慢』です。

 

 

しかし、いろいろなことを経験し、経験値を積み重ねるうち、『どんなことも簡単にはできないのだ』ということに気付いていきます。

目に見える物事の裏では、多くの人が関わって、大変な苦労と時間を伴ってそれを成し遂げているのだということが想像できるようになるのです。(そういえば、『カメラを止めるな!』なんかも、そういう映画でしたよね)

そうなれば、同じように生活していても、身の回りへの自然な感謝が溢れるようになっていきます。

自分のお金を出して何かのサービスを受けるにしても、当然とは思えなくなっていきます。

 

ありがとう、ありがとう。

インフラを整備してくれて、ありがとう。

美味しいものを食べられるようにしてくれて、ありがとう。

仕事をする場を整えてくれて、ありがとう。

楽しみを与えてくれて、ありがとう。

快適に生活できる仕組みを作ってくれて、ありがとう。

 

人への要求と自己アピールは減り、感謝が増えます。

周りへの感謝で自分が満たされると、次は周囲に対して自分をどう活かしていこうか、と考えるようになっていきます。

そうなってようやく、『謙虚』が出てくるのです。

 

人の役に立つような何かをしても、「自分がしてやった」という気持ちにはなりません。

「させてもらった」「役に立てた」「自分を活かせて嬉しい」という気持ちで、それをするようになります。

 

このように、主体的に行動し、できることを増やすこと、そうして想像できる世界を広げていくこと、それが『謙虚』に繋がっていくのです。

 

 

---◆ 算命学ブートキャンプの日程です! ◆---

 

① 4月13,14日(土・日)に、「算命学陽占ブートキャンプ②(読解技術編)」を開催します。

  詳しくはこちらをご覧下さい。→ https://saruyamasaruko.com/school/boot_yosen2.php

 

② 4月28,29日(日・月)GW中に、第6回算命学基礎理論ブートキャンプを開催します。

  詳しくはこちらをご覧下さい。→ https://saruyamasaruko.com/school/boot_kiso.php

 


株式会社さる山さる子への道-わぁーい ←『謙虚』さについて、ずっと考えていたよ。何に対しても「ありがとう。」という気持ちは謙虚さから来るもので、それが幸福感にも繋がることが分かったよ。教えてくれてありがとうございます! ブログランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります。

 

さる山さる子のHPはこちら → https://saruyamasaruko.com/

 

こちらで、天冲殺をはじめ算命学の命式(占いの基となるもので、地図の様なもの)が、無料で調べられます。解説ページまで読めば、ご自分で簡単な占いができますよ。 https://saruyamasaruko.com/meishiki/

 

 

整体占い さる山さる子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ