ある老婦人の涙 | ぼんちゃんの株と恋の日記
2018-09-23 20:19:00

ある老婦人の涙

テーマ:日常

その老婦人がうちに来だしたのは

もう五年くらいになるだろうか

今は79歳になるから

当時は74歳ということになる

年のわりにはスタイルも良く

肌も真っ白で透明感があり

いつも明るい人だった

店の送り迎えはご主人の役目で

車の好きなご主人が高級な車でさっそうと迎えにきていたものだ

 

なぜこの地に引っ越して来たかと言うと

それまで手広く展開していた商売を

娘の婿さんが手を広げすぎてとうとう行き詰まり

それまで住んでいた豪邸も手放す羽目になったんだとか

 

自分のせいで招いたことなら致し方ないでしょうが

婿さんがやったことなら歯がゆいでしょうね」と聞くと

そうなんよ!悔しくてね」と言っていた

それまで何不自由なく豪邸で暮らしていたのが

いきなり遠く離れた(今までの家からおよそ10キロくらい)

この地にきて

おまけに駅やスーパーからも遠いアパートである

 

それでもこの数年間は旦那さんが車を運転するので

さほど不自由を感じなかったらしいが・・・・

 

去年旦那さんが事故を起こしたのだ

事故は多分旦那さんのわき見運転だろうといことで

保障もたいして降りず

高級な車はとうとう廃車になってしまった

年ももう80歳を越えているし

もう新しい車を買う余裕もなく

とうとう車無しの生活になってしまったのである

 

さあ❗それからが大変である

 

買い物はタクシーを利用しないと出来ない

病院もすべてタクシーである

 

ある日近所のスーパーで偶然そのお客さんと会ったので

「送って行きますよ」と言ったけど

「いいよ!歩くのも運動だから」と断られた

 

「あんな遠くなのに歩いて帰るなんてしんどいだろうに」

そう思ったが

いいと辞退するのを無理やり送るわけにはいかない

 

そんなこんなで月日は流れて・・・

 

そのうち旦那さんに認知症の症状が出だしたらしい

 

あんなに好きだった車の運転もできなくなり

庭付きの豪邸からアパートに住むようになって

おまけにアパートのある場所は自然こそ豊かだが

買い物も不便な田舎である

外出好きな旦那さんには耐えられない環境が

認知症を発症させたのかも知れない

 

しかも旦那さんは心臓病を患い

ガンにもあちこち侵されている病気のデパートみたいな人だ

去年までは好きな車であちこち行くことで

気分転換も出来ていたようだが

その楽しみも無くなった

 

認知症はどんどん進む

 

そろそろそのご婦人が来る頃かな〜と思っていると

今日電話がかかってきた

 

明日はお休みよね?」と言うから

月曜日だからお休みですね」と説明する

 

そうよね!じゃあ火曜日開いてる?」と聞かれたので

火曜日は用事があって店を閉めるんです

今日今からだったらだめなんですか?

車があるから迎えにいきましょうか?」と聞いたけど

今日はどうしても行けないと言う

 

「だったら明日特別に開けますよ🎵」と言うと

恐縮しながらもとても喜んでくれた

 

休みの日に仕事はしたくないけど

なにか事情がありそうだし

売り上げも少ないしえーん

まあイヤだけど頑張るか!

 

ところがほどなくしてまたご婦人から電話あり

受話器の向こうの声が震えている

 

「せっかく明日開けてくれると言ってくれたけど

やっぱり行けなくなったんよ」

 

そう言う声が泣いているようだ

 

「あれガーンもしかしたら泣いてるんですか?

なにかあったんですか?」

 

どうやら旦那さんと喧嘩になったらしい

少し認知症を患う旦那さんが

モノを投げ出したらしい

 

「ええーーー大変ですね!大丈夫ですか?」

 

「もうね、どうかなりそうなんよ

いろいろ主人にボロクソ言われてね」

 

「それは病気が言わせていることなんですよ

旦那さんが言ってるんじゃないんです

だからあまり落ち込まないでしっかりしてください」

 

「それはわかっているけど辛くて情けなくてね」

 

電話だからそれ以上どうすることもできない

 

「また日ちを変えて必ず来て下さいよ」

 

そう言って電話を切った

 

かつては商売もうまくいき

金銭的にはなんの不自由もない生活をしていたご婦人

まさか80歳を迎えようとする年齢になって

こんな人生が待っているとは

想定外だったろう

 

悔しくて情けなくて・・・

 

もし立場を変えて自分のことだったら

どんなに悔しいことだろう

人はその立場に立って見なければ

本当の辛さ・悲しさ・情けなさは分からない

 

これからはこんな老後を迎える老人が増えるそうだ

老後破綻

下流老人

老後の危機感を煽るような動画がたくさん出回っているが

自分だけは関係ないとは誰も言い切れないだろう

 

そんなことを書きながら

やっぱりわたしだけはそうならない

心のどこかで思っている

 

今日の老婦人の涙を今後の自分の人生に重ね合わせて見る

いつまでも犬や猫を面倒みれる経済力だけは失いたくない

気合いをいれてしっかり歩いていこう

 

 

 
みんなみんな心配せんでも大丈夫やけんキョロキョロ
 
みんなを路頭に迷わすことはせんけん!
 
 
 
いつまでもここに住みたいもんね爆笑
 
 
今日も無理やりまるちゃんをテラスに出したよ
 
 
天敵のみいちゃん
 
 
いつか仲良くなれるんかな〜?
 

 

 ある日の晩御飯

 

肉じゃが(糸こんにゃく大目)

ワカメとキュウリと山芋の酢の物

 

 

ああ

明日も株がないのは救われるね

なにやら日経が年内はバクあげバクあげで

花火がうち上がるなんちでたらめなコメント書き込まれて

大いにショックを受けておるが

まさかね・・・・・ムキームキームキー

 

 

 

 

チューリップラブラブ爆弾口笛ヘビ応援してにゃ~音譜札束おばけくんやしの木

 

ぼんちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス