お花見、新元号の発表祝い続いても大丈夫!!イベント疲れしないお酒の飲み方とは?! | SARIR SANTE カイロプラクター&栄養コンサルティング  須藤 眞澄美

SARIR SANTE カイロプラクター&栄養コンサルティング  須藤 眞澄美

健康についてお悩みの方、健康に興味のある方へ
健康についてわかりやすくお伝えします!

健康診断では見つからない不調の原因と解決策を明らかにするニューロンプラクティショナ―&カイロプラクターの須藤眞澄美です。

 

 

LINE@始めました !LINE リンク  LINE@お友達登録はこちらをクリック

 

 

桜も見ごろを迎えて満開ブーケ2ブーケ2ブーケ2

そのうえ

新しい元号も発表され、

 

いまやお祝いムード×2倍

でとってもにぎやかですよねおせち桜

 

 

 

 

寒波にもめげずに

あちらこちらで元号のお祝いベントや

お花見で盛り上がってます音譜

 

 

最近寒波の戻りで

長時間お花見するのがきつい~あせる

 

しかし

 

こたつ持参で、お花見されている方がTVに映っていて

すごいなぁ~とおもって見てましたびっくりビックリマーク

 

 

 

そこでイベント疲れしないための

 

アルコール対策のための3つのポイント

 

をご紹介しちゃいます!

 

 

1飲む前に少し食べておく

2炭酸系のアルコールは避ける

3合間にお水を飲む

 

 

です。

 

これで、連日の楽しい飲み会に参加できますグッ

 

 

日本人って、本当に桜を愛してますよね~ラブラブ

私は花より団子お団子かな^^;

 

 

それでは、詳しく説明していきますね。

 

 

 

1飲む前に少し食べておく

 

 

アルコールは消化の必要がないので、胃から直接吸収されます。

そのためアルコールが体に回るのって、思っているより結構早いんです。

 

 

 

お酒に弱い人ならなおさら酔うスピードが速い!

 

 

 

そこで、少しでもアルコールの周りを遅くするために事前に

 

 

 

柑橘類の果物

梅干し

チーズ

 

などを食べておくと、胃粘膜の保護の代わりをしてくれて、アルコールの吸収を穏やかにしてくれます。

 

 

 

2ビール、ハイボールなどの炭酸系のアルコールは避ける

 

 

炭酸は胃酸の分泌を押さえてしまいます。

消化が弱くなるので、連日飲まれる方は

 

ビールやハイボール、シャンパンは避けましょうDocomo107

 

ビールは乾杯に欠かせないので、

なかなか避けることは難しいと思いますが、

乾杯の時だけにしてすぐに他のアルコール類に変えましょう。

 

一番おすすめは

 

 

焼酎のお湯割り

熱燗

 

 

おなかを冷やすこともないので

消化吸収の負担を減らしてくれますよ!!

 

 

 

3合間にお水を飲む

 

途中で、お水を飲みましょう。

 

二日酔いの原因のひとつに

 

脱水症状

 

があります。

これが、二日酔いを起こしやすくする原因のひとつでもあります上差し

 

 

水分が足りないと、アルコ-ルの分解ができなくなるんですよ。

これが、翌日の頭痛などの二日酔いを招きます!!

 

 

 

アルコールは利尿作用があるので、飲酒の途中や、

飲み終わったあとに必ず水分補給をしましょう。

 

 

 

さらにこれも飲んでもらえるとすごくいいのが

 

はちみつレモン白ワイン

 

クエン酸が体の回復を促してくれますよ~

 

 

 

 

 

料理にはぜひ

 

 

お漬物

ピクルス

 

 

加えて欲しいですねonpu03

 

 

お漬物は発酵食で腸の働きをアップしてくれるし、

脱水により失った塩分を補給するのにもいいですよDocomo105

 

 

 

 

 

これで、お花見、イベントを思いっきり楽しめます音譜

 

 

 

それでも、飲みすぎにはくれぐれも注意してくださいね!!

 

 

 

楽しいイベントをお過ごしくださいねDoCoMoききランチ

 

 

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございますとびだすうさぎ2カナヘイきらきらカナヘイきらきらカナヘイきらきら

 

 

LINE@登録した方に、

限定の音声による健康ワンポイントをお送りしていますよ~

LINE@の登録はこちらをクリック

またはQRコードを読み込んでね

↓↓↓