食後、眠くなる原因は腸にあった!! | SARIR SANTE カイロプラクター&栄養コンサルティング  須藤 眞澄美

SARIR SANTE カイロプラクター&栄養コンサルティング  須藤 眞澄美

健康についてお悩みの方、健康に興味のある方へ
健康についてわかりやすくお伝えします!

 

 

ニューロンプラクティショナー&酵素栄養学指導士の須藤眞澄美です。

 

 

 

 

 

「食後、すごく眠くなってしまい仕事がはかどらないのですが、どうすれば改善しますか?」

という質問を、よくいただきます。

 

 

 

 


この食後眠くなる理由には、
『肥満』とも大きく関係するんです!

 

 

 

 

 


「クエン酸回路」という
体を動かすのに必要なエネルギーを作る
システムがあります。

 

 

 

 


このシステムは、栄養と酸素を取り込んでエネルギーを作っています。

 

 

 

 


よくCMなどで
「代謝を良くする」
「〇〇を燃やす」
と言われている状態のことです(・ω・)b

 

 

 

 

栄養や酸素が、
「エネルギーを作るシステム」の方ではなく、
「中性脂肪を作るシステム」に入ってしまうと
「眠くなる」のです。

 

 

 

 

 

分かれ道で、
間違った方向へと

進んでしまった結果なんですよ~

 

 

 

「薬を調べる配置薬」より

 

 


食後、「すぐ寝ると太る」と言われているのは
栄養をエネルギーに変える前に寝てしまうので、

体が栄養が余っていると思い、ストックしておこうと中性脂肪を作るため、太ってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

では、
中性脂肪へ作る方へ行かせないためにはどうするか?

 

 

 

 

食後、2,3時間後に寝るのが一番いいのですが、

 


『腸』
を整えてあげることが
すごく大事なんです!!

 

 

 

 


『腸をどうやって、整えればいいの?』

それについては
ちょっと長くなりそうなので
次回、お伝えしますね(^O^)/

 

 

 

 

 

今日もお読みいただいて、ありがとうございますしあわせ音譜