『スキップ』の世界へ | Risa's Aqua-quatrefoil

Risa's Aqua-quatrefoil

水野理紗
声優*ナレーション*舞台
水月 秋
書きもの*シナリオ*小説


テーマ:

初めて北村薫さんの『スキップ』を読んだとき、わたしは「17歳の真理子」に近い歳でした。

だからでしょうか。
あの頃は、「時を飛んでしまうスキップ」は、自分には起こらない遠い出来事であり、
17歳の真理子の目線で読みました。
切なさを心に残す、いつまでも忘れられない小説の1つです。

その後。
何年も経った今、こうして改めて向き合うことになった時、
わたしは「42歳の真理子」に近い歳になり、
やっと
やっと
わかったんです。
読み返した時、わたしがこの物語に出逢った
本当の意味を知ったのです。

ふしぎさと、
会いたかった大事なものに会えたような、
そんな気持ちがしています。


小田原の劇団チリアクターズを中心に行われる

「小田原で演劇をやってみる会 第一回公演
スキップ」

に、ご縁あって出演することになりました!
ありがたいことに、W主演の「真理子」役です。

本当に、この役は、大きな挑戦です。
お芝居を続けて15年以上経ちますが、
これまでの経験をつぎ込めるかどうか!
それに
真理子…真理子って…


母の名前❗️びっくり


これもご縁かな?

まぁそれはともかく。

わたし実は、
ことだま屋さんでのステージ以外、
自劇団の公演以外で舞台に立つのは…

初めてなんです

そういう意味でも、
新しい挑戦です。
とても貴重な機会をいただきました。


いやはや、稽古が始まりましたが、
たくさんの出会いがあって、とても楽しいです。
若いエネルギーに、あああ…
と憧れながら。
がんばらなきゃと思います。

まさか自分が「真理子」になる日がくるなんて…

トリッキーで難しさを感じる舞台ですが、
「真理子」でいられる時を大切に
この夏を駆け抜けたいと思います。

応援よろしくお願いいたします


チケットご予約、もう始まっております🌈
ぜひ❗️

Risaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス