ミニマリストな?食事 | お寺の奥さん兼エステティシャンのブログ

お寺の奥さん兼エステティシャンのブログ

女性の体をほっこり温める、福山市のエステ・ヨガ・よもぎ蒸し・布ナプキンのお店『natural care & yoga Sari(サーリー)』

こんにちは。
ナチュラルケア&ヨガ『Sari(サーリー  )』の伊達です。

↓昨年のブログに追記?してます(^_^)


最近はミニマリストどころか、なかなかのゴミルームに暮らしている私ですが(また周りの人もそれを聞いて否定しなくなりました)、ミニマリストとついている記事を見つけるとついつい読んでしまいます!


そんな中で最近グッときたのは食事作りに関するもの。

◯食材は1個2個でOK
◯焼くだけ、切るだけでOK

確かに!
それなら料理が気軽だな!!
と思いました。

料理があまり上手ではないので味噌汁で野菜を沢山とる作戦をとっていましたが、疲れていたり時間がない日は味噌汁を作ることが面倒になっていました。

汁物、今日は無しでいいやチーン

サラダ、、、は辞めて、リンゴ切って一品増えたことにしよチーン

トマト🍅は、完全にサラダです🥗


という感じで、食のミニマリスト?をときどき取り入れています。


話は変わりますが私は世界のドキュメンタリー的な番組が好きで、以前に見た中に「世界一、持久力のある民族」に密着したドキュメンタリーがありました。
(ネットでも調べたのですが、何種類か部族があるのかもしれません)


村人たちにとって子供のときから唯一の娯楽は『走ること』。
大人も子供も何十kmでも、かなりの速度で走る続けることができます。

その特殊能力を科学的に調べたのですが、結果は筋肉や心肺機能なども特別なことはなかったそうです。
ただ、筋肉の疲労物質が出にくい(だったと思います💦)などの違いはあったよう。


そんな彼らですが、なんと一生のほとんどを一種類の豆だけを食べて生活しています。
その栄養だけで強靭な精神力と肉体を持っているのです。

※後日、他の番組でみたのですが一種類の食材(植物)だけを食べる生き方は豆だから可能らしいです。米だけとかだと栄養失調になるそう。


男性でも150cm台〜160cm前半くらいで小柄ではありますが、生きていくには栄養が不足しているようには見えませんでした。


まさかそれとアナタのぐーたら食事を比べるおつもり!?
と思うかもしれませんね・・・。


毎日のことだからこそ、
単品な日もあるし、
食材は一つでも、まるごと食べたからヨシ!な日もある。


とくに今は、食費や手間が増えているお宅が多いと思います。ときには手抜きでゆるっと。
気持ちが楽なのが一番健康に良いと信じています。