お寺の奥さん兼エステティシャンのブログ

女性の体をほっこり温める、福山市のエステ・ネイル・寺ヨガ・よもぎ蒸し・布ナプキンのお店『natural care & yoga Sari(サーリー)』


テーマ:

こんにちは。

ナチュラルケア&ヨガ『Sari(サーリー)』の伊達です。



今日はよくご質問のある「生理中のヨガ」についてお話します。


ヨガのアーサナ(ポーズ)がすべてダメ・・・というわけではありませんが、生理中にはお休みすべきポーズがいくつかあります。


たとえば逆転のポーズ(頭立ちや肩立ち)ねじりのポーズはお休みすべきでしょう。



アーユルヴェーダでは頭頂部と下腹部はつながりがあると考えられています。

頭を刺激する逆転のポーズは下腹部を刺激することになってしまいます。


また、西洋医学的な考え方でも逆転のポーズを行うことによって経血が逆流し、子宮内膜症のリスクを高める可能性があります。ちょっと怖いですよね・・・。



ではヨガのポーズはなにもかもダメかというとそうではなく、リラックスできるポーズはOK。そのときもクッションや毛布を使用して、ご自身が一番心地良い状態にしてくださいね♪


オススメなポーズをいくつか紹介します!



↓膝が浮いてしまう方は膝に下にバスタオルを丸めたものを入れて、膝がブラブラしないようにすると安定して楽です。また、手のひらを重ねて下腹部に当てるとお腹がほっこり温まります。


背中の後ろにクッションを入れることで胸が開きリラックス効果も高まります。

生理中にはリラックスして心と体をゆるめ、排泄しやすくすることが大切です。このポーズはとてもおすすめです。



↓そのまま起き上がった状態も。

テレビを見るときなども、斜め座りせず胡坐でリラックス。お腹を圧迫しないことが大切です。



ゆるゆる~に緩めたいときは、クッションを抱っこするのも楽ちんです。

このときも足は開き、お腹を締め付けないようにしましょう。


ヨガクラスへの参加ですが、それぞれの先生、クラスの判断があると思いますので確認してみましょう。(そのクラスのメニューにもよると思います)


私の考えでは、生理中はお休みしてください。


量の多い3日目くらいまではかならずお休みして、出血が減ってきて、体を動かしたほうがすっきりするようなら参加していただいても大丈夫です。

ただそのときも逆転のポーズやねじりなど、しんどいなぁ~と思ったら控えましょう。

こちらから「このポーズはお休みして~」とお声かけすることもできますので、お気軽にご相談ください。



不調があったり、生理が完全に終わってからの方がいいな!という方は、しっかりお休みしてからまた参加してください。



Sariのヨガクラスでキャンセル料がなかったり当日キャンセルもOKしているのは、こうした生理の事情もあります。無理して来るよりも自分の体調や気持ちを優先し、ゆっくり休むことも必要です。

また、生理が終わったらヨガを楽しみにきてくださいね。


AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

ナチュラルケア&ヨガ『Sari(サーリー)』さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。