日に焼けた場合の応急スキンケア! | お寺の奥さん兼エステティシャンのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

お寺の奥さん兼エステティシャンのブログ

女性の体をほっこり温める、福山市のエステ・ヨガ・よもぎ蒸し・布ナプキンのお店『natural care & yoga Sari(サーリー)』

こんばんは。

ナチュラルケア&ヨガ『Sari(サーリー)』の伊達です。



暑い日が続いています。

今年もコロナのこともあり、アウトドアを楽しむ方が多いようですね。


今日はそんなときにも必須!

夏のスキンケアの中でも、「日焼けしてしまったとき」についてお話したいと思います。



実はこの日焼けしてしまった状態はやけどと同じ!


お肌のケア・・・・というよりやけどの対処のようなお手入れになります。


○まずは冷やす!


氷水や冷蔵庫を使って冷タオルを作ります。タオルが温まったら折り返したり、交換したりしながら赤みやほてりが収まるまで冷やします。


氷を使ったり、アイスノンを使うのもすぐ準備できて便利です。

ただこの場合はハンカチでくるんだり、直接肌に当たらないようにしてください。

(凍傷を防ぐため)


○徹底保湿


赤みやほてりが収まったら今度は徹底保湿!

化粧水をたっぷり馴染ませます。シートパックも良いでしょう。(肌をこすらないよう注意!)

日焼け後の専用ローションなどもあります。それを冷蔵庫で冷やしておいて使っても、ひんやりと気持ちよいと思います。


刺激があるようでしたら冷やすだけにとどめ、なにも塗らずに様子をみてください。



○美白化粧品でシミ予防


完全に赤みやほてりが収まったら、今度はシミ予防のスタートです。

日焼けしてから数日の間にどんどんメラニンが作られ始めます。トラブルがなければ美白化粧品を使用した早めのケアが安心です。




また、日焼け=炎症。

この炎症が体や肌を老化させます。

【肌が黒くなる】【シミができる】だけではなく、シワやタルミにも繋がります。


できれば防ぐことが第一!

そして日焼けしてしまったら一刻も早く鎮静を!!




ここを怠ってしまうと来年には「・・・・・あれ?」という見慣れないシミが浮き出てきたり。


夏は老化の恐れあり!!

と心得て、大切にお肌を守っていきましょう♪



お寺の奥さん兼エステティシャンなブログ


ナチュラル&ヨガ『Sari(サーリー)』

福山市東町2-4-33 2階
(福山駅より徒歩10分)

08029006189
sari-yoga@docomo.ne.jp
(メールでのご予約、お問い合わせもお待ちしております)

http://www.sari-fukuyama.com/


am10:00~pm6:00