お寺でヨガのきっかけ。 | お寺の奥さん兼エステティシャンのブログ

お寺の奥さん兼エステティシャンのブログ

女性の体をほっこり温める、福山市のエステ・ヨガ・よもぎ蒸し・布ナプキンのお店『natural care & yoga Sari(サーリー)』

こんばんは。

ナチュラルケア&ヨガ『Sari(サーリー)』の伊達です。

 

今日は洞林寺でのヨガをスタートしたきっかけをお話ししたいと思います。


寺ヨガのスタートはお勤め&ヨガ会でした。

お勤め&ヨガ会をしようと思ったきっかけは、もともと私が一人で本堂でヨガをしていたところかなんです。

 

 

結婚した当初は、毎日朝は9時半に出社、帰りは夜の10時11時が普通、月末は午前1時になることも・・・・・。

当然休日出勤もたっぷり汗

夜中に上司から電話がかかってきて、「明日朝イチで高松に4日間出張ね!」ってなこともしばしば。

 

どんな仕事でも大好きな私ですが、さすがにバテバテ叫び

 

 

一人暮らしの間のひどい食生活がたたり、生理痛や頭痛も再発し、精神的にも肉体的にもボロボロでした。

(休みの日にちょっと昼寝したりすると、そのまま金縛りにあってましたドクロ

 

 

仕事の内容にも疑問を感じてしまい、朝仕事に行くと思うと不安で眠れないことも何度もありました。

 

そんな時にふと興味を持ったのがヨガでした。

健康や美容に対する効果より、ともかく心への作用を期待してスタート。

 

 

始めてみて感じたのは、効果よりも「いかに自分の今の状態が悪いか」でした。

 

 

体をちょっと動かしても痛い。どこかがつっぱっているような感じ・・・・。

次々に仕事の不安が浮かんできてしまい、まったく呼吸にもポーズにも集中できていない自分。部屋でDVDを見ながらしたり、本を参考にしたり・・・。

 

でもあるとき、「本堂だったら集中できるかも!」と思ったんです。

 

 

日常とはまた違う独特な空間。

厳かな雰囲気・・・・・。

なんとなく恐れ多い気もして、はしっこの方でヨガをしてみました。

音楽も、明かりも、何もなくても深~い呼吸と集中。

 

 特別な時間に思えました。

 

 

実は最初、何年もコッソリ一人でしていたのですが、

「これはいけない!!」

「皆さんとも共有しなくちゃ!!」

と思い、仕事と家事をしつつ、約3ヶ月大阪のスクールに通いました(実際は受講できない日もあり、日数はもっとかかってしましましたあせる

 

あれから10年。

 

 

様々な講座やワークショップにも触れ、

色んな先生の色んなヨガに触れ、

ますます好きになりました。

 

 

皆さんもぜひお気軽に寺ヨガ、参加してみてくださいね♪

お寺の奥さん兼エステティシャンなブログ