はい 天秋(てんしゅう)です。

 

マーフィー博士が教える潜在意識の理論を知らなくても私たちは占いやヒーリングを行うことができます。

マーフィー博士ご自身、キリスト教の牧師さんでしたから本来は占いの話などしなくても、よさそうです。(占いに関する記述は私のサイトのこちらにあります)

しかしマーフィー博士は宗教家という立場を越えて潜在意識の働きを研究するため、長年にわたり広く世界中の宗教の聖典や神秘を学び、人々の体験談を収集されました。

その博士の教えを学ぶことにより、私たちは人類が習慣的にもつ迷信や誤った信念、業(カルマ)といったものから自由になることができるので悪い運命を良い運命に変えたり、願望を成就させたりスピリチュアルの達人として一層、高次元から占いやヒーリングを扱えるようになるのです。

本日は祈りによって神(潜在意識)に波長を合わせた人が予知夢によって命を救われた話をご紹介します。

それではどうぞ。

予見の夢によって生命を救われた男

私の旧友の一人は毎朝毎晩。旧約聖書の詩編91篇を読み、この真理に潜在意識をひたしその内容を潜在的に信じていました。

その使者(つかい)たち(創造的なアイデア、暗示、警告、予感)におおせて汝を守らせたまえり。彼ら・・・・汝の足の石にふれざらんため、汝を支えん(詩編91篇 11・12)

この男は政府の仕事でたびたびヨーロッパやアジアや南米に旅行していました。

しばらく前のこと、彼はペルーに行く予定になっていましたが出発の前の晩、夢の中で「92人が死亡、生存者はただ1人」という新聞の見出しを見ました。

彼は驚いて目を覚まし。この前兆に意味を感じて恐怖にとらわれました。彼は予約をキャンセルしましたが、その後、この飛行機がペルーのジャングルに不時着したことを知りました。生存者は宣教師の娘ただ1人で、彼女は川岸を歩いているところを漁師に救われたのでした。

 

潜在意識の目に見えない知恵に対するこの男の強い信仰と確信が彼の生命を救い、潜在意識は彼がその警告に従うのを知って鮮明で劇的な方法で答えを現したのです。彼の潜在意識がこの事故を事前に知っていた理由は、惨事がすでに意識の中で起こっていたからです。

潜在意識はその飛行機の欠陥を知っていました。さらに気象状況と、パイロットや乗組員や乗客の意識の状態を知っていたのです。

エマーソンは次のように言っています。「なにごとも偶然で起きるのではない。ものごとはすべて、うしろから押し出されて起きるのだ」あなたがこの世で行うあらゆることの、うしろには意識、気分、あるいは心的態度が介在しています。

広大な精神の海とそこから抜け出す方法

あなたの意識はすべて、広大な精神の海の中にいます。数百万の人々は、事故、不幸、悲劇、火事、病気、犯罪、怒り、そのほか集団意識に、しみこむあらゆる種類の否定的、破壊的な考えと感情を信じています。

もちろん、集団意識にもよい部分はありますが、その大部分は否定的なものです。

 

したがって、あなたは集団意識の恐怖や迷信に対して祈り続けることをやめ、正しい信念を打ち立てることをやめてしまったら、集団意識の否定的な感情は、あなたの精神の感受性の鋭敏な媒体と衝突して飽和点に達し、いきなり事故や不幸やさまざまの凶事にはまりこむことになるでしょう。

この私の友人は祈り続け、したがって遭難する飛行機に乗ることを避けることができました。たがいに似ていない二つのことがらは反発し合います。調和と不調和が一緒に存在することはありません。

神の愛と調和があなたをとりまき、包み込んでくれることを信じなさい。

まごころをこめて、あなた自身をこの真理にゆだね続ければ、神(潜在意識)はきっとあなたに応答し、あなたはすばらしい、人生を送ることができるでしょう。

今回のお話はここまでです。次回はいよいよ?私がマーフィー理論で願い事を、かなえた体験をお話しします。

 

本日もありがとうございました。
 

【お知らせなど】

 

メール占い再開してます

 → すばらしい未来に向かうメール占い 

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村