[癌予防]糖化を防ぐ10の習慣とは

 

 

 

■ [癌予防]糖化を防ぐ10の習慣とは

 

 

糖化は、一度してしまうと分解されず、増え続けるという性質を持っています。病的な老化状態はガンを呼び寄せます。病的な老化状態から正常な老化の状態に近づけ、健康でいるためにも日々の生活習慣に気を付けなければなりません。

 

 

1. 朝食を食べる
 

朝食を抜くと昼食時に血糖値が急激に上がりやすくなります。



2. 血糖値を上げやすい食品と上げにくい食品を知ること
 

GI値を参考にし血糖値の上がりにくい食品をとる。


3. 食べる順番・よく噛んでゆっくり食べる


4. 異性化糖をとりすぎない
 

果糖ブドウ糖液糖など異性化糖にはブドウ糖の10倍以上の糖化のリスクがあります。コンビニへ行ったときなど炭酸飲料やスポーツドリンク、ゼリー、アイスクリーム、シリアル、ノンアルコールビールなど、商品の裏を見ると様々な商品に記載されています。


5. ストレスの回避・解消

 

 

6. 適度な運動
 

筋トレやウォーキングなど基礎代謝の上がる運動をする。基礎代謝を上げるとブドウ糖を消費しやすいエネルギー代謝のいい身体になります。


7. 睡眠は6時間以上とる
 

朝起きてすぐに朝日を浴びメラトニンの分泌量を高め睡眠の質をより良いものにしましょう。朝、太陽光が目から入ると脳の覚醒が進みます。この時同時に、セロトニン神経の働きが活性化されます。夜になり太陽が沈んで暗くなると、松果体でメラトニンの分泌が増加していき、睡眠前には最高潮を迎えて自然と眠りに就くことができます。


8. アルコールはほどほどに


9. 煙草はやめましょう


10. 抗糖化物質を摂取しましょう
 

様々なお茶には抗糖化作用が確認されています。


今回お話した健康的な過ごし方は糖化を予防することにもなり=様々な病気やガン、老化の予防にも繋がります。

 

 

 

-----------------------------------------------

 

 

 

末期癌新型コロナウイルス・インフルエンザなどの感染症と闘うためには、免疫力や自然治癒力、体力を高める必要があり、もし現在不幸にして癌や感染症と闘っておられるのであれば、可及的速やかにそれを満たすべきであるのは言うまでもありません。積極的に「免疫力(マクロファージ、NK細胞、T細胞、B細胞など)」の活性化を計り、バランスの取れた栄養素や酵素を取り入れて身体が正しく機能するようにし、ホルモンバランスを正しく保ち、腸内環境も積極的に改善させるようになさって下さい。

 

 

難病・末期癌からの生還

 

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

 

末期癌でもあきらめないで!
主治医から余命宣告されても、私の父や同級生のように

まだまだ完治出来る可能性はあります!

 

※ 気に入って下さいましたら、↓下のボタン↓をすべて押して下さると嬉しいです♪
 


闘病記ランキング
 


末期がんランキング
 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

■ブログトップページはこちら■

「難病・末期癌からの生還」ブログトップページ

 

私の父の「末期癌奇跡の完治闘病記サイト」や
「西洋医学による癌治療・検査などをまとめたサイト」へのリンクは
ブログトップページにあります。

また、ご質問や問い合わせのメアドも、ブログトップページに明記してあります。

 

難病末期癌からの奇跡の生還

難病末期癌からの生還

 

黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 

 

Twitter

@sarah_miracosta

Twitter始めました。

様々な健康や癌に関する事を呟きます。

フォローお願いします