鶏ささ身のわさび焼き

 

免疫強化の優等生「いやいや食品」のおすすめレシピ~わさび編②

 
 今日の関西は薄曇りで、寒暖差の激しい一日のようです。皆さま体調管理に気をつけて心地好い週末をお過ごし下さい。
 

 

※ 日本原産の香辛料「わさび」。ツンとした刺激のある辛みは、刺し身の薬味以外にも、さまざまな食シーンで活躍します。

 

 

■鶏ささ身のわさび焼き

 

生わさびのツンとした強烈な刺激が火を通すと和らいで、ほどよい辛みに。

 

 

◆材料(2人分)

 

鶏ささ身(筋なし) ・・・ 4本
 

<A>
 酒 ・・・ 大さじ1/2
 塩 ・・・ 少量

おろしわさび ・・・ 小さじ1~2
かぼす ・・・ 1個

 

 

◆作り方

 

① ささ身は<A>で下味をつける。
② グリルを熱し、①を入れて4~5分焼く。ほぼ火が通ったところで、ささ身を裏返して上面にわさびを塗る。さらに1~2分焼く。器に盛り、かぼすを半分に切って添える。

 

 

-------------------

独特の味が体を刺激!「イヤイヤ食品」を適量摂る大切さ

 

 

体には、不快なものを排出しようとするシステムが備わっています。これを「排泄反射(はいせつはんしゃ)」といい、司っているのは副交感神経です。すっぱい、苦い、辛い食品などを食べると、体は排泄しようと「いやいや反応」を起こすために副交感神経が優位の状態になります。

 

 

免疫力がアップし、血流が回復

 

酢、梅干し、しょうが、しそ、唐辛子・・・。独特の味や香りを持つこれらの食品は、実は体にとっては不快な「いやいや食品」です。すっぱい、苦い、辛いといった味は、腐った食品や毒など、人にとって有害な物質にある味で、こうした味のものが体に入ってくると、防御反応として胃腸の働きを活発にして、排泄しようとします。これが「排泄反射」であり、副交感神経が優位の状態で起こります。

そこであえて「いやいや食品」を食べて、副交感神経を優位にするのがこの食事の狙いです。

 

梅干しを食べて「すっぱい」という味覚が起こると排泄反射でつばが分泌され、胃腸が活発になるのも、瞬時に副交感神経が優位になってのこと。交感神経の緊張が解消し、免疫力もアップします。また副交感神経が優位になると血管が拡張して血流もよくなります

 

 

少量で体に効く、味の引きしめ役

 

排泄反射を促すだけでなく、「いやいや食品」にはさまざまな効果があります。

 

たとえば、酢や梅干しなどの酸味のもとであるクエン酸は、疲労回復を促すといわれています。また、いやいや食品には殺菌作用を持つものが多くあります。わさびの辛み成分であるアリルイソチオシアネートは、肝臓に発がん物質が入ったときに、体の外に排出する解毒酵素を活性化する力が強いといわれます。

さらに薬味などとして料理の味をひき締め、食欲をそそらせるのがこれらの食品。独特の風味があるだけにくせになりやすく、「辛みが大好き」というピリ辛党なども多いようです。

 

ただし、いやいや食品の摂りすぎは胃腸などに負担をかけてしまいます。

 

また、摂りすぎると反動から、交感神経が優位になることもあります。適度に少量を利用するのがポイントです。

 

■辛いもの(辛み)

〇おもな食品と特徴:ねぎ、しょうが、わさび、貝割れ菜、からし、こしょう、山椒、唐辛子など。辛みのピリピリ感は、じつは味覚ではなく、辛み成分が刺激する痛みであって痛覚。

〇効用など:少量の辛みが食欲を増進。昔から薬味として少量が用いられている。ツンと鼻の粘膜を刺激する揮発成分があるものは、臭み消しにも活用される。新陳代謝をよくする、発汗作用を高める、血行をよくするなどの効果がある

 

 

免疫強化の優等生「丸ごと食品」

 

 

 

-----------------------------------------------

 

 

※ 末期癌や病気と闘うためには免疫力や自然治癒力を高める必要があり、もし現在不幸にして癌や病気と闘っておられるのであれば、可及的速やかにそれを満たすべきであるのは言うまでもありません。積極的に「免疫力(マクロファージ、NK細胞、T細胞、B細胞など)」の活性化を計り、バランスの取れた栄養素や酵素を取り入れて身体が正しく機能するようにし、ホルモンバランスを正しく保ち、腸内環境も積極的に改善させるようになさって下さい。父が末期癌治療に実際に取り入れた米国UCLA研究の免疫賦活剤BRM(医療機関向けArabinoxylane)については、私の父の闘病記サイトに情報をまとめてあります。

 

 

 

難病末期癌からの生還

 

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

 

※ 免疫賦活物質Arabinoxylaneには一般市販品・医療機関向けがあったり、旧世代のもの・新世代のものなどあります。最新世代の医療機関向けArabinoxylaneは米胚芽発酵エキスF.R.G.E.がベースのようです。この最新Arabinoxylaneは医療機関向け複合機能性素材「ARABIX」に配合されていて、旧世代の弱点を改良し、獲得免疫(主にNK細胞やB細胞、T細胞)の活性化だけでなく、HQ-LPS配合で自然免疫(マクロファージ)まで活性化させるようになっているようです。詳しくは以下サイトをご覧下さい。

 

米胚芽発酵エキスF.R.G.E. https://doctorsupplement.wixsite.com/info/frge

ARABIX for Medical Doctors https://arabix4md.info/

HQ-LPS(Pantoea agglomerans LPS) https://medicaldoctors-brm.com/

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

 

※ 気に入って下さいましたら、↓下のボタン↓をすべて押して下さると嬉しいです♪
 


闘病記ランキング
 


末期がんランキング
 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

■ブログトップページはこちら■

「難病・末期癌からの生還」ブログトップページ

 

私の父の「末期癌完治闘病記サイト」や「西洋医学による癌治療・検査などをまとめたサイト」へのリンクはブログトップページにあります。

また、ご質問や問い合わせのメアドも、ブログトップページに明記してあります。

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

 

※ SEO対策によりGoogle検索上位に常に表示されていたDeNA社が運営していたWELQという医療健康情報サイト。SEO対策のためにその記事内容が盗作や根拠のないデタラメな嘘情報ばかりだった事から大問題になり、Googleは2017年末に検索ロジックを大きく変更しました。病医院や製薬会社、公的機関、メディアの情報だけ(西洋医学だけ)を信用するというロジックのようです。実際2017年末以降、個人サイトは中身の信頼性に関係なく一律に押し下げられ、今は週刊誌やメディア関係の記事紹介ばかりが検索上位に表示されています。西洋医学だけでは根治が難しい、西洋医学の治療に否定的な癌患者さんやご家族が知りたいと思う「西洋医学以外の代替療法」や「末期癌が治った事例やその方法」など幅広い情報が、現在のGoogle検索では全く探せない状況にあります。科学的根拠がないサイトは当然表示されるべきではないですが、西洋医学だけが治療ではありませんから、科学的根拠があり西洋医学による治療の補完になり得るものや癌治療に役立つ情報は、例え個人サイトであっても平等に扱われて表示されるべきだと私は思います。現状、マイクロソフトの検索サービス「Bing」では、以前のGoogle検索のように西洋医学以外の代替療法についてや癌が治った事例・闘病記についても正しく検索されています。癌に関する情報を幅広く探したい場合はマイクロソフト「Bing(bing.com)」検索も併用される事をおすすめします。そのうえで情報を取捨選択されたら良いのだと思います。

 

 

黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 

 

Twitter

@sarah_miracosta

Twitter始めました。

様々な健康や癌に関する事を呟きます。

フォローお願いします