免疫学入門

 

免疫の不思議に迫るQ&A

 

免疫力の低下は万病のもと!「〇〇しすぎ」は免疫力を下げる!体温36℃以下の人は免疫力も低い!免疫力アップのカギはミネラルにあり!つらい症状は治癒のための免疫反応!

 

免疫はどんな医療よりも優れた治癒システム。免疫力アップで癌も消えるし元気にもなります!

 

 

Q:「免疫力が高い」とは、どのような状態?

 

A:一般的にいうと、病気やストレスなどに強い状態。免疫学的には白血球内の顆粒球が54~60%、リンパ球が35~41%の範囲にあり、両者のバランスがとれている状態をさします。免疫は自律神経(交感神経と副交感神経)と連動しており、交感神経が優位になると顆粒球、副交感神経が優位になるとリンパ球が増加。自律神経のバランスがくずれ、いっぽうに偏った状態が続くと、顆粒球とリンパ球のどちらかが過度に増えたり減ったりして免疫は正常にはたらかなくなる。つまり免疫力が低下します。

 

 

Q:加齢で免疫力は低下しないのですか?

 

A:免疫には、涙腺・扁桃・腸管などで細胞の異変を監視する古いシステムと、胸腺・リンパ節・脾臓などで外来抗原に対抗する新しいシステムがあります。後者は加齢によりはたらきが弱くなりますが、前者はむしろ活性化します。つまり、若いときは新しい免疫システムが中心で、年とともに古い免疫システムが中心となり、体内の異変を監視するだけでなく、外来抗原にも対応するようになります。

 

 

Q:はしかに「二度かかり」しないのはなぜ?

 

A:免疫には、体にもともとそなわっている「自然免疫」と、生きていく過程で得る「獲得免疫」があります(↓図参照)。はしかやおたふく風邪にかかると、その抗原に対する抗体ができます。これが獲得免疫で、次に同じ抗原が体に入ってくると発病する前に排除します。そのため、はしかに二度かかることはありません。ところが、風邪のウイルスには膨大な種類があり、同じウイルスでも変異している場合が多いのです。そのため、獲得免疫が機能せず、何度も風邪をひいてしまいます。

 

免疫システムを担う体の器官

 

Q:自分の免疫力を知る方法を教えて!

 

A:体温を測ってみましょう。人間の体が活発に機能するために必要な深部体温は37.2℃。わきの下で36.5℃前後です。血管を収縮させたり拡張したりして熱の放出をコントロールし、体温維持をしているのが自律神経です。そのため、自律神経のバランスがくずれると体温が低下。免疫力は自律神経と連動していますから、わきの下の体温が36℃以下の低体温の人は免疫力も下がっている可能性が高いのです。

 

 

<測定部位とベストな体温>

■舌下 36.5~36.8℃

舌の下に体温計を入れて測る。わきの下よりも深部体温に近く、測り方で差が出ない。

 

■わきの下 36.5℃前後

体温計の挟み方などによって正確な温度が出ないことも。舌下よりも温度が低い。

 

■直腸 36.5~37.0℃

深部体温に近いが家庭で測るのは難しい。病院での治療時などに測られることもある。

 

■深部体温 37.2℃

脳や内臓など体の深部の温度。 37.2℃で酵素がはたらきやすく、代謝が活発になる。

 

 

 

免疫って何?
 

 


-----------------------------------------------

 

 

※ 末期癌や病気と闘うためには免疫力や自然治癒力を高める必要があり、もし現在不幸にして癌や病気と闘っておられるのであれば、可及的速やかにそれを満たすべきであるのは言うまでもありません。積極的に「免疫力(マクロファージ、NK細胞、T細胞、B細胞など)」の活性化を計り、バランスの取れた栄養素や酵素を取り入れて身体が正しく機能するようにし、ホルモンバランスを正しく保ち、腸内環境も積極的に改善させるようになさって下さい。

 

 

難病末期癌からの生還

 

 

 

※免疫力を高める努力をして見事末期癌を消滅させた私の父や同級生の詳しい闘病記や、父と同じように完治された方々の完治改善報告はブログトップページ↓からご覧下さい。

 

 

※ 下のボタン↓をすべて押して

応援して下さると嬉しいです♪

宜しくお願い致しますm(..)m

 


闘病記ランキング

 


末期がんランキング

 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村

 

----------------------------------------------------------------------

 

<ブログ目次>

 

当ブログトップページ

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12380866833.html

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

父の末期がん完治闘病記

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12381075481.html

 

米国UCLA医学部留学中の親友の助け

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12382329102.html

 

父がTV番組に出演しました!

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12385266189.html

 

父の末期がん完治の記事が雑誌に掲載されました!

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12386285234.html

 

猫しっぽ猫からだ猫あたま

 

同級生も見事に悪性リンパ腫を完治させました!

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12386924800.html

 

父と同じようにガンを完治・改善された方(肺がん・余命3か月)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12386534037.html

 

父と同じようにガンを完治・改善された方(末期乳がん・全身転移)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12387221964.html

 

父と同じようにガンを完治・改善された方(末期胃がん・腹膜転移)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12387544139.html

 

父と同じようにガンを完治・改善された方(末期胃がん・全身転移)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12387729717.html

 

父と同じようにガンを完治・改善された方(悪性リンパ腫・余命3ヵ月)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12388050144.html

 

父と同じようにガンを完治・改善された方(食道がん・多発リンパ節転移)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12388446732.html

 

父と同じようにガンを完治・改善された方(末期食道がん・肺転移)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12388919467.html

 

父と同じようにガンを完治・改善された方(悪性リンパ腫・ホジキン病)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12392556903.html

 

父と同じようにガンを完治・改善された方(末期肺腺癌・余命2ヵ月)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12392680945.html

 

父と同じようにガンを完治・改善された方(末期乳がん・余命3-4ヵ月)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12393052398.html

 

父と同じようにガンを完治・改善された方(末期胃がん)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12393253703.html

 

父と同じようにガンを完治・改善された方(乳がん・直径7.5cm大)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12393366352.html

 

父と同じようにガンを完治・改善された方(卵巣がん・肝転移)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12393711728.html


熊しっぽ熊からだ熊あたま

 

がん細胞のことを詳しく知る

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12395295218.html

 

がんの標準治療(三大療法)の限界と問題点

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12396300790.html

 

ガンの手術療法の限界と問題点

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12396480712.html

 

ガンの化学療法(抗がん剤)の限界と問題点

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12397272944.html

 

ガンの放射線療法の限界と問題点

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12398287477.html

 

ガン細胞と免疫細胞

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12399165389.html

 

末期癌克服9か条

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12402843943.html

 

命のベースは「腸」

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12406106026.html

 

食事見直しの重要性

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12409800850.html

 

ガンと栄養学

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12410089061.html

 

ガンと自然治癒力

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12410433221.html

 

末期ガンの食事療法①

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12417477792.html

 

末期ガンと食品添加物

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12419939795.html

 

身体に良い水とは

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12421152098.html

 

末期ガンと酵素

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12423623052.html

 

末期ガンと食事療法②

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12425892668.html

 

末期ガンとストレス

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12426970028.html

 

末期ガンとタバコ

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12428568125.html

 

末期がんにならない食事術

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12431148375.html

 

黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 

癌を正しく理解して祟りや罪の報いではないと知る

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12439847190.html

 

癌のメカニズム

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12440785468.html

 

癌の統計データ

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12442518166.html

 

癌の症状と治療法(西洋医学による標準治療)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12443474052.html

 

癌と生活習慣

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12445987471.html

 

癌患者、医療者、家族関係のあり方とは

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12449787824.html

 

インフォームド・コンセントとは

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12452499207.html

 

----------------------------------------------------------------------

 

※余命3ヵ月の末期癌(中咽頭がん末期+舌がん末期+リンパ節転移)を、予定されていた手術を必要とすることなく僅か4ヵ月で見事完治させて克服した私の父の詳しい闘病記や、同級生(悪性リンパ腫)をはじめ父と同じように完治された方々の完治改善報告も是非ホームページでご覧下さい。ホームページはブログトップページからどうぞ。

 

猫しっぽ猫からだ猫あたまビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま