末期ガンと宣告されたら、まずは「癌」の正しい理解を

  

私を含めて多くの方々が癌に対して持っておられる誤解について、以下、正確な説明をガン専門医にしてもらいましょう。
 


 

ガンがあると診断されたら・・・

 
皆さんはもし、自分や周囲の人が病院などでガンであると診断されたらどのようにお感じになるでしょうか。いまだ日本では「ガン=絶対に死ぬ」というようなイメージが強く残っています。多くの人が「最初は混乱して何も考えることができなかった」とおっしゃっています。ガンが体にあるということで「自分が死んだらどうなるんだろう」「残された家族はどうなるんだろう」と不安の虜になり、「どうして私かこんな目にあわなければならないんだ」とお嘆きになる方も多いのが現実です。
 
しかし、ここでひとつ考えていただきたいことがあります。それは、ガンと診断された時点で皆さんやご家族が、どれだけガンや病気に対する知識をお持ちなのかということです。かなり健康に対して勉強熱心な方でも、ガンというものに対するイメージや知識は、根拠のない噂や迷信に影響されてしまっている部分があるのではないでしょうか。事実、日本では様々なガンに対する誤解が生まれてしまっているのが現状です。
 
この章の第一の目的は、「ガンと闘う人たちの不要な不安をなくし、闘病の支えとなる」ということです。ここで言う「ガンと闘う人たち」というのは患者さん本人だけでなく、当然、ご家族やご友人も含めています。ガンは死に至る病というイメージもぬぐいきれないのが現実ですが、その現実と目をそらさずに向き合うときに、「悩まなくてよいこと」に煩わされる必要はありません。ですからこの章ではガンと向き合いながら生活しておられる方々の持つ様々な疑問、不安を調査し、「誤解から生まれ、患者さんを苦しめる不安」を一掃できるように全力を尽くしました。そのためにはやはり正しい知識を持つことが必要だと思い、ガンのメカニズムの部分などは少々深入りしすぎているかもしれません。
 
しかし、ガンの原因というものを理解しておいた方が治療法を選択するときにも必ず役に立つと思うので、敢えて詳しく書かせていただいた部分もあります。
 

ガンも含めて病気は決して業病(罪の報いとしての病)などではありません

 
ガンのメカニズムを解説していく前に、非常に多くの方々の心に少なからず残っている誤解(迷信といった方が的確でしょうか)を否定しておこうと思います。医療関係者からすれば「当たり前の」常識でも、不安に押しつぶされそうな患者さんにすればとても心に大きくのしかかるものがあるようです。

 
ガンの患者さんとお話をさせていただいたりしていると「私は何も悪いことはしていないのに……」「私か一体何をしたのだ……」などと自分を責められる方がよくいらっしゃいます。また、「ガンは遺伝子の異常からできます」という医学的知識から、「なら私の遺伝子は異常なのかしら、私の家系は大丈夫かしら?」と不安の虜になられる方が多くおられ、ガンとの先の見えない闘いの中で「私がガンになったのは私の罪のせい」とまで悲嘆にくれる方もよくおられます。ガンに限らず、病気にはどうしてか「業としての病」つまり、「自分が今までしてきた行いに対する報い」というイメージが古今東西を問わず、つきまとっているようです。

 

<次回に続きます・・・>

 

 

-----------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

※免疫力高める努力をして見事末期癌を克服した私の父の詳しい闘病記や、父と同じように完治された方々の完治改善報告はこちらのサイト↓をご覧下さい。

■私のブログを最初から読んで下さる方はこちらへ。

「末期癌からの奇跡的な生還」ブログトップページ

 

■癌についてや一般的な標準治療について詳しく知りたい方はこちらへ。

「末期癌克服への懸け橋」ホームページ 

http://sarah-lfa.com/

 

■父や同級生の詳しい末期癌完治の闘病記や癌と闘うために必要な情報はこちらへ。

末期癌完治の奇跡~末期癌を僅か4か月で完治させた父の闘病記 

http://sarah.la.coocan.jp/

 

 

 

※ 気に入って下さいましたら、↓下のボタン↓をすべて押して下さると嬉しいです♪


闘病記ランキング

 


末期がんランキング

 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村