科学的に正しい食事で癌リスクを減らす

 
末期ガンの原因は「タバコ30%」と「食事30%」であるとの研究結果があります。タバコを吸わず、食事に気をつければ癌になるリスクの60%を排除できる事になります。ここでは最新データによる「科学的に正しい食事」について記していきます。
 


 
 

毎日の食事に気をつければ・・・

 

①「やせる」

運動で消費するカロリーはとても少ない!食事による体重コントロールが有効!

いくら食べても運動さえすればOKではありません。実は食事で摂取したカロリーを消費するには、かなりの連動量が求められます。たとえば、ご飯一膳分のカロリーを消費するには30分以上のランニングが必要になって来ます。そのため、食事をコントロールする方が効率的なのです。
 

②「老けない」

老化の原因は血糖値の状態にあり!高血糖では細胞の老化が加速する!!

タンパク質と糖が結合すると発生する「AGE」という物質は、血管にダメージを与え、肌の老化現象にも関与すると言われています。血糖値が高い状態だと、このAGEが生成されやすいのです。つまり、血糖値を上げないようにすることで、AGEの生成を軽減=老化防止につながります。
 

③「癌や病気にならない」

間違った食生活が病気や癌を誘発する!正しい食事で病気や癌をシャットアウト!!

癌をはじめ、食事が原因とも言われている病気は少なくありません。たとえば、肉ばかり食べている人は魚を食べる人に比べて病気の発症率が高いというデータもあります。つまり、食生活を改善することで、病気そのものをシャットアウトできる可能性がグッと高くなります。

 

<続く・・・>

 

-----------------------------------------------

 

 

※ 末期癌や病気と闘うためには免疫力や自然治癒力を高める必要があり、もし現在不幸にして癌や病気と闘っておられるのであれば、可及的速やかにそれを満たすべきであるのは言うまでもありません。積極的に「自然免疫(マクロファージ)」と「獲得免疫(NK細胞、T細胞、B細胞)」の活性化を計り、バランスの取れた栄養素や酵素を取り入れて身体が正しく機能するようにし、ホルモンバランスを正しく保ち、腸内環境も積極的に改善させる必要があるのは間違いありません。私の父が末期癌闘病中はまさにUCLA研究中だった免疫賦活物質A.M.Dで積極的に免疫活性を高める事をメインに、さらに活性酸素の除去、積極的な腸内環境改善、酵素や栄養素の補給、ホルモンバランスを保つなどのために、医療機関向けを目的に開発された医療補助用植物発酵酵素を服用していました。UCLA研究の免疫賦活物質A.M.Dの最新版には、最強の乳酸菌と呼ばれるEF-2001菌やビフィズス菌が含まれていて、これらも腸内環境改善に非常に役立ち、免疫力アップに繋がります。

 

詳しくは私のホームページにて。

 

 

 

 

※免疫力高める努力をして見事末期癌を克服した私の父の詳しい闘病記や、父と同じように完治された方々の完治改善報告はこちらのサイト↓をご覧下さい。

■私のブログを最初から読んで下さる方はこちらへ。

「末期癌からの奇跡的な生還」ブログトップページ

 

■癌というものについて詳しく知りたい方はこちらへ。

「末期癌克服への懸け橋」ホームページ http://sarah-lfa.com/

 

■父の詳しい末期癌闘病記や癌と闘うために必要な情報はこちらへ。

末期癌完治の奇跡~末期癌を僅か4か月で完治させた父の闘病記 http://sarah.la.coocan.jp/

 

 

※ 気に入って下さいましたら、↓下のボタン↓をすべて押して下さると嬉しいです♪


闘病記ランキング

 


末期がんランキング

 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村