放射線治療は、果たして本当に癌に有効か?

 
放射線治療は、現在行われている癌治療の大きな柱の一つであることは間違いありません。ですが、この放射線を応用した医療技術が果たして悪性腫瘍の治療にとって本当に有効なのかどうかという点をめぐって、相変わらず激しい論争が続いているのも事実です。
 
意外な感じがするかもしれませんが、放射線治療は化学療法よりも歴史が古く、1896年にはすでに最初の放射線治療の報告例があります。なんとこの年の前年はX線が発見された記念碑的な年ですから驚きます。ただし、このときは癌治療というはっきりした目的で行われたわけではなかったようで、正式に癌治療として放射線が認められるようになったのは、ずっと後の1930年以降のことでした。
 
ともかく、X線が発見されて数年後に明らかになったのは、その光線で皮膚疾患や組織の病気が誘発されるという点でした。放射線のパイオニアたちは不慮のやけどや癌によって倒れましたが、当時は、まだその危険性や警告はなおざりにされていました。信じられないほど微量の放射性物質で人間が倒れ、しかも、被曝から発病に至るまでの潜伏期がとても長い放射線被害は、まだ珍しかったせいです。
 
X線やラジウムの発見とほぼ同時期に、放射線の工業的利用も始まっていました。最も初期の利用法は、蛍光塗料として時計や計器類の針にラジウム塗料を塗りつけ、闇の中でも光らせることでした。第一次世界大戦で計器類の需要がふくれ上がり、ラジウム塗装の工場があちこちに建てられ、多くの若い女性がアルバイトでラジウムのついた筆先をなめては部品に塗りつける作業に従事していました。そして数年後には、その作業に従事していた多くの女性たちが、あごや周辺部にできた癌で死亡してしまいました。こうした悲劇を水面下で何回も繰り返しながら、放射線の医学への応用を模索していたのです。
 
幾つかの偶発的な「毒性試験」がありながら、放射線の癌治療への応用は、重大なことが何も起こらない夢のプロセスであるかのように考えられ、その危険性は真剣に論議されることがありませんでした。もちろん、このケースは放射線の大量被曝による急性放射線傷害ですが、一見、徴量にみえる線量の場合でさえ、さまざまな癌や白血病が引き起こされることがのちの研究でわかっています。死に至る可能性や寿命の短縮の可能性が高くなるだけでなく、染色体の損傷によって次世代にも影響を及ぼし、骨髄やそれに含まれる免疫系も破壊されます。そして、癌患者への影響はやけどだけではなく、細胞や組織の壊死、内臓器官の線維症なども引き起こしてしまいます。
 
放射線はかくも厄介な代物ですが、1950年に入ってからは、ライナック、コバルトGというおなじみの放射線の時代になり、今日の放射線治療の主役は、γ線、X線・電子線、最新治療では重粒子イオン加速器による重粒子線治療という段階になっています。さらに、最近ではハイテク・コンピューターにより照射する患部の位置を正確に割り出せるようになり、他の正常細胞への影響が随分少ないものになったのは事実です。
 
しかし、課題の多くは積み残されたままの状態です。いずれにせよ、放射線は明らかに発癌因子なのです。照射によって骨髄細胞が少なからず破壊され、免疫力が低下したり、ひどい貧血に悩まされるという問題は依然として残っていますし、さらに、放射線に耐性を持ってしまった癌細胞が現れる場合が多いのは厄介なことです。

 

末期癌と放射線治療<2>へ続きます・・・

 
※私のホームページ内の「代替療法・統合医療とは」ページでは、Youtubeによる西洋医学3大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)の限界・問題点・治療成績などについて分かり易い動画がご覧頂けます。是非良ければご覧になってみて下さい。私のホームページへのアクセスは、ブログトップページにリンクがあります。

 

 

 

※免疫力高める努力をして、必要な手術もすることなく見事に末期癌を短期間で消滅させた私の父や同級生の詳しい闘病記、父と同じ方法で完治された方々の完治改善報告はブログトップからご覧下さい。

 

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

※ 気に入って下さいましたら、↓下のボタン↓をすべて押して下さると嬉しいです♪
 


闘病記ランキング
 


末期がんランキング
 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

■ブログトップページはこちら■

「難病・末期癌からの生還」ブログトップページ