お医者さんから、点滴を受ける夢をみて、

真夜中に目が覚めた。

私は病気だったのだ。
点滴をして治療するくらいの。

2回目、1回目の薬を薄める為に

生理食塩水を大量に点滴しようとするところで
目が覚めた。

このところ思うのだ。

自分は、ああ、大事な時期に差し掛かってる。

飲み込んでしまった言葉を
少しずつ発するようになり、

閉ざしてしまった記憶を今なら大丈夫と
掘り起こすことも出来そうな。

時を動かしていけるよう願うばかりだ。

それは音楽を通して叶えよう。

そこは変わらぬままだ。