帝王切開で出産する人は、全体の20~25%。

最近では4~5人に1人は帝王切開で誕生しています。

 

帝王切開でお産をすることは、もう特別なことではありません。


そんな帝王切開が日本で初めて行われたのは1852年のこと。そのころは母子ともに生存することすらできなかったとか…。

 

帝王切開によるお産は、

この20年で急増しています。

 

増加の背景として、

不妊治療による多胎の増加や、出産年齢の高齢化。また、帝王切開自体が安全になってきていることで選択されやすくなったという理由もあります。

 

ちなみに、戦前は医師の立ち会いがない助産師介助による自宅出産で、逆子が自然分娩で生まれていました。昭和初期の助産師の国家試験には「逆子の分娩介助」の技術試験が含まれていたそうです(現在は、国家試験に実技試験はありません)。

 

しかし現在では、逆子だという理由だけで帝王切開になることが多く、特にアメリカでは90%以上が帝王切開で生まれます。


帝王切開になる理由も時代とともに変わってきているようです。

 

そんな、帝王切開を体験したママの受け止め方はいろいろ…。


「帝王切開でラクチンに生まれてよかった」と話しているママに会ったこともあります。

しかし中には「え?帝王切開だったの?」と言われるのが辛くてたまらないという方も…。

 

言いたくなければあえて言わずに、

「大変なお産だったんだよ~」と伝えるだけで充分かもしれません。

 

とくに緊急の帝王切開だった場合、

「元気に生まれてきたからそれでよかった」と思うものの、「気持ちが置いてきぼり」で、受け入れることに時間がかかるママさんの方が多いように思います。

 

中には自分を責めて、産後うつを発症している人もいます。

どうか、いつか将来「名誉の傷だよ」とお子さんに見せられる日が来ますように。

 


私の友人で、帝王切開をしたママの心に寄り添う活動を続けている方がいます。帝王切開をしたママ対象のサイトを18年継続し、各種マスコミにも紹介 されています。

 

帝王切開カウンセラー 細田恭子さん

 
★細田恭子さんからのメッセージ

 

10か月間思い描いてきた出産が、手術室のまぶしい電気のしたで金属の音と麻酔と点滴と尿道カテーテルと全裸と…。

 

心と身体がついていけなくなります。でも、育児はすぐに始まります。 何がいやだったのか、何が自分の心にずしん・・と残っているのか、考える時間が持てないのです。

 

「今」はあっという間に過ぎていってしまいます。 大切だけれどこだわりすぎて、今見ておかなきゃいけないお子さんの笑顔や、聞いておかなきゃいけない今だけの大きな泣き声をちゃんと楽しんでいますか?


どうぞ「産み方」にこだわり過ぎず、ここから続いていく「育て方」を大切にしてみてください。

先輩ママとして一緒に応援させてください。

 

そんな「帝王切開ママの会」を、さら助産院で開催します。

 

過去には、お子さんが小学生のママもご参加されています。

「モヤモヤした気持ちをようやく吐き出せました」とお話しくださいました。

帝王切開から何年経過していてもご参加いただけます。

 

 

★会場: さら助産院

★参加費:3780円(ランチ軽食付き)

★日時:4月5日金曜日 10~14時

★対象: 帝王切開で出産したママ 

 

 

※ゆっくり語り合う会のため、

生後6ヶ月以降のお子様連れはご遠慮くださいませ

 

ご予約受付はこちらから(定員5名)。

 

帝王切開という共通の体験をしたママたちで、気持ちを語り合える時間をお過ごしいただけますように。

 

なんとなく気になるママさん、4月5日の予定を空けておいてくださいね。