https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190828-00000006-nshaberu-soci

辛坊治郎と日韓関係を激論 

外務副大臣・佐藤正久が明かした日本政府の今後の対応

記事抜粋

佐藤正久外務副大臣が8月26日(月)、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

~激論Rock&Go!」に出演、泥沼化する日本と韓国の関係について今後の日本政府の

対応を語った。

辛坊:先日韓国に行ったんですけれども、やはり日韓関係の根底にあるのは、

いわゆる徴用工問題に対する不快感だと思うんです。

佐藤:韓国の
文在寅政権は、三権分立というものを盾にして、今回の最高裁の裁判についてはタッチしないという姿勢を今の時点ではとっていますから、このままだと日本企業にも実害が出る可能性があります。我々は韓国に「ちゃんとマネージしなさい」と言っているんですけど。

辛坊:三権分立とは言いながら、文在寅政権が最高裁の判事を変えてまで出させた判決

ですからね。それなのに「最高裁の判事が出した判決ですからどうしようもないですよ」

っていう態度を取り続けている。佐藤さんの仰る通り、実際に日本企業の株券、その他が

現金化されて実害が出る可能性が近々あると思います。

その場合、日本政府はどうするんですか

佐藤:我々もそれなりの措置を取らざるを得ません。具体的な中身はここでは言えませんが、色々なことを考えていますから。日本企業を守るのは政府として当たり前のことです

韓国側に「政権が変わったら前の条約はナシよ」とされてしまったら、

日本企業は韓国で仕事ができなくなってしまいます。

辛坊:それで日本企業に実害が出るようになった場合、

今までの貿易管理とは次元の違う措置になりますか?

佐藤:そこも含めて考えています。韓国は、今回の最高裁の判決、そして現金化を含めた

日本企業への措置を行ったら日韓関係が大変なことになると分かっていながら、

自国の政治体制を維持するために犠牲にしたんです。

我々は間違いなく対抗手段を考えています。

辛坊:放置することはあり得ないですか?

佐藤:あり得ないです。