『液状化、里塚』③ 池上彰の特番でひどいデマを流された | 札幌の不動産屋の言いたい放題

札幌の不動産屋の言いたい放題

以前は不動産の真面目なブログを書いてましたが、そっちは新しいブログに移しました。
不動産の事に限らず、映像作品や食べ物や人生など色々なことを書いてゆきます。


テーマ:

今回、『札幌市清田区で液状化』という報道が独り歩きしているように感じられます。

実際に液状化したエリアは清田区のうちの里塚の中のわずかなエリアです。

・・・というか、本当にただの液状化現象なのか、老朽化した暗渠の氾濫なのかもはっきりとしませんが。

で、『清田は水田地帯だったから液状化した』なんていう声も聞くんですが、言うほど水田地帯かよというのは宅地造成前の航空写真を見て頂ければわかると思います。

 

何故、こんな話がまかり通っているのか、情報の出元を見てみると9月7日放映の池上彰氏の特番で、そのような話があったという事が分かりました。

 

悪意があってデマを流通させた訳ではないのは当然分かっていますが、それにしても取材がいい加減過ぎるように思います。

地元の不動産屋の過剰反応かもしれませんが、『清田はダメ』というイメージが付いてしまったように思います。

実際に池上彰氏が『清田(≠里塚)が液状化した原因』について解説した内容には、テレビ受けの為の安易な論理構成が行われており、何らの説得力のない理論が、映像の力で説得力のあるものとして全国ネットで刷り込まれてしまう。

 

今回の記事では敢えて『札幌市民の敵』と表現しましたが、こういういい加減な事をやって札幌市の市域の5.3%を占める清田区全体に悪影響を与えるのであれば、そりゃ悪意でなくとも『敵』という他ない訳です。

 

 ◇ デマで市域の5.3%を貶めた札幌市民の敵、池上彰氏をどうしてくれようか。

 

清田区の液状化に関する解説を引用しつつ、どこに問題があるか紹介します。

 

細丼 善太郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス