札幌の医療・福祉・幼児教育施設に特化した設計&コンサルタント (株)あいアーキテクツのブログ

札幌の医療・福祉・幼児教育施設に特化した設計&コンサルタント (株)あいアーキテクツのブログ

株式会社あいアーキテクツは、札幌を拠点に医療・福祉(病院設計・医院設計・介護施設設計・保育園設計・幼稚園設計)を専門特化した道内唯一の設計事務所であり、建築コンサルタントです。 設計業務はもちろん、施設の開設申請などのコンサルティングもしています。


テーマ:

地域と保育園が連携する。
どういうことかと言うと、実際に私たちが携わったところでは、高齢者住宅との合築ですとか、
学童保育を併設して、保育園を卒園して小学生に上がってもそこの場所に通える、そういう試みがあります。

また、保育所自体が地域の核、コミュニティーの場となるように、遊技場を解放したりといった試みを行っています。

 

そうすることによって、子供を保育所で育ててもらうということではなく、
子供は国の宝なのだから地域全体で育てるということを啓蒙するなどの取り組みも行っています。

 

 

失敗しない保育施設経営ノウハウは(株)あいアーキテクツへ


テーマ:

理想の建物の設計にあたっては、いろいろな保育施設、幼児施設、
それだけにかかわらず、子供たちに関わる施設を経験しているパートナーと組むことです。

 

一方的な建物、ハコ作りにこだわらないで、いろいろなアイデアを出せることが必要になります。

子供たちにとっていろいろなストーリーのある建物とか、
歩くたびに風景が変わるとか、光の入り方が変わるとか、
そういう建物を作ることができる人が保育所づくりには必要ではないかと思います。

 

乳幼児期の体験は、その影響が中学生くらいまで続くと言われています。

私どもが保育施設を作る上では、そういうことを前提に、
建物を使っていかにいい経験ができるかとか、
建物の内外の風景、光、温度、風などがどのように心地よく、好奇心をそそるとか、
子供の心にわくわくするような空間づくりを大事にしています。

 

 

失敗しない保育施設経営ノウハウは(株)あいアーキテクツへ


テーマ:

「具体的な公募支援」で述べたヒアリングに基づき、
どのような特徴があるのか、さらにどのような特徴を伸ばせるのか、
新たな特徴をどうやって作れるのかを考えていきます。

 

私たちがやった事例では、
首都圏で屋外の遊技場が作れないような立地で、屋内の遊技場を充実させることにしました。

天井の高い遊技場を作り、その中にボルダリングや、網目状の縄登りができる施設を作り、
園の中心に中庭のような空間を作って、そこからそれぞれ保育室に行くようなシステムを作り上げました。

そのように、立地条件が悪くてもそれを逆手にとって特徴とすることもできるのです。

 

また、例えば絵本の読み聞かせを特徴とする園の場合、何年間も同じ本を置きっぱなしにするのではなく、
運営するいくつかの保育所の中で絵本をローテーションさせ、新しい絵本を読めるようにするという試みも行いました。

 

それから、最近は外国語教育がもはや普通になっていますが、
外国人のスタッフの採用に関わったりということもしてきています。

 

 

失敗しない保育施設経営ノウハウは(株)あいアーキテクツへ