こんばんは。

 

一人起業家応援ライターの

早馬さおりです。

 

 

気温がだいぶ低くなってきましたね。

今年は気温の高い日が続いたので、

すぐ気温が低くなった昨年には

出番が少なかったブラウスが活躍しました。

 

これからも服装に悩む日が続きそうですが

季節の移ろいを楽しみたいです。

 

 

 

******************

 

 

文章は、もちろん、皆さんが書くことはできますが

読んでほしい人に読んでもらって、

共感してもらえるように書くには

なかなか大変ですよね。

 

一人起業家として頑張っている皆さんは、

その発信に悩むことも多いのではないでしょうか。

 

 

 

私が地域新聞の記者をしていたころ、

当時は今ほどネットでつながる、ということはなく

地域新聞は地元の方の情報源やコミュニケーション手段として

大切な役割を担っていました。

 

時々、読者からお手紙で感想をいただくことがあったのですが、

その割合が高かったのは、どんな記事だと思いますか?

 

 

 

それは…

 

 

記者が記名で書くコラムです。

 

新聞記事は、出来事や情報を

正確に伝えることが目的なので、

客観的に書くのが基本。

記者の感情、感想は入れないものです。

 

でも、コラムとなると

記者が取材で経験したことや

感じたことなどを含めて紹介するので

一般の記事に比べ主観的な内容になっていました。

 

なので、同じ気持ちになったり、刺激を受けたりしたといって

読者が感想を送ってくれたわけです。

 

 

 

これ、当時の私としては

いまいち理解できないことでした。

なぜ、手紙を送りたくなるほどになるんだろうと。

 

でも、こうしてWEBを使い

皆さんとつながっている今はわかるようになってきました。

 

私のブログを読んだり、メルマガに登録して

くださっている皆さんは、

どこか私の書いていることに興味を持ったり

共感してくれているんだなと。

 

 

だから想いをしっかり発信して、伝わるように意識しています。

 

 

一人起業家の皆さんも、

書くことで理想のお客様に集まっていただき、

お役に立てることを目指されていると思います。

 

私は、そんな皆さんを応援しています!

 

 

 

 

 

*****

 

ひらめき電球 無料メルマガ配信しています!

 

 ・ 文章を書くのが苦手…

 ・  伝えたいことはあっても、うまく言葉にできない…

 ・ 書くことに時間がかかりすぎる…

 

 そんなお悩みを持つあなたにお役立ち!

 現役ライターがお届けする

 魅力が伝わる文章のとっておきのコツ

 

ビックリマーク くわしくは こちら