前橋市視察。 | おばたさおり(小幡沙央里)のブログ

おばたさおり(小幡沙央里)のブログ

おばちゃんこと小幡沙央里29歳のブログ。
日々の活動や思いを綴ってゆきます。
主に教育、子育て、地域のことをテーマに活動中です。

前橋市へ視察に伺いました。(写真は県庁ですが)


『官民ビッグデータを活用したEBPM推進』

EBPMとは、Evidence -based Policy Makingの略で、『エビデンスに基づく政策立案』のことです。

エビデンス...直訳すると証拠や根拠、でしょうか。

データによる根拠に基づいて政策立案を進めていこう、という話です。

山積した課題解決の仕組み作りをしていきたい、と前橋市さんは話されていました。

課題があって、その解決手段を講じる。

ビッグデータをどう活用していくのか...

その仕組みを作っていく、一連の流れやデータの管理(蓄積)など、これから具体化していくようです。

”感覚”で政策を作るのではなく、データ、根拠に基づいて。

※よこすか未来会議はマニフェストにおいて”根拠に基づく政策作り(EBPM)の推進”を掲げています。