待機児童園。 | おばたさおり(小幡沙央里)のブログ

おばたさおり(小幡沙央里)のブログ

おばちゃんこと小幡沙央里29歳のブログ。
日々の活動や思いを綴ってゆきます。
主に教育、子育て、地域のことをテーマに活動中です。

『待機児童園』
先日静岡県静岡市の「待機児童園」を視察させていただきました。

待機児童園とは待機児童解消のために静岡市が設置した”小規模保育事業”と”一時預かり事業”を行う認可外の園です。

認可外とはいえ、施設面積や職員の配置基準は認可に準じています。

静岡市では駿河区、清水区、葵区それぞれに待機児童園があり、今回駿河待機児童園「おひさま」を見学させていただきました。

まず待機児童園の目的は「複数園希望したけれど保育園に入ることができなかった」児童を、保育園に入所できるまで児童を保育する施設です。

年度末にはほとんどの児童が希望の園に入園できるそうです。

「年度途中の待機児童」と「0~2歳児」に特化した施設をつくることが待機児童解消へ必要だと考えたそうで、対象年齢0~2歳、設置期間を5~10年とみて設置したそう。(ちなみに昨年度と今年度は4月時点で待機児童ゼロを達成したそうですが、設置期間は柔軟に、と考えているよう)

「待機児童園」という名称で利用をためらう保護者の方もいるそうですが、見学に行ってみると認可に準じているだけあり、広さは十分ですし、何より明るい!

近隣は福祉エリアのようです。高齢者施設や児童発達支援センターに隣接しています。登呂遺跡で有名な登呂公園は、「おひさま」の子どもたちのお散歩コースになっているそう。環境もいいですねぇ。

年度途中で児童がどんどん増えていくのが特徴的ですが、他の公立こども園から応援で職員が入るそう。

先生方がかわいく飾りつけをしていたり、手作りで工夫して色々と作っていたのが印象的でした。

給食室もあります。献立のレシピも用意されていて、おうちの方に好評のようです。

初期投資の経費や運営費なども、大変参考になりました。