足並み、一呼吸

テーマ:
子供の時、
手を伸ばしたら雲だって
なんだって掴めるんじゃないかなって
本気で思ってた。



大人になって
背が伸びたら
もっと一生懸命背伸びしたら
届くかもって思ってた。




大人になって、
掴めないモノもあるって知ったけど



だけど今、つかみたいモノがある。

{EDFA4D87-834C-4474-9496-33D8E71B3ED7}


























最近モヤモヤしてることがあるの。



私、木下沙央里は



グループの中で1番になるためだけに
アイドルをしてるわけじゃなくて



ドリモンがアイドルの中で
1番になる為に、



メンバー全員で上にのぼるために
アイドルをやってる。



もちろん、

1番になりたい!とか
自分の中でココは1番頑張る!とか


目標も、野望も
ちゃんと心の中に持ってるけどね♡笑










だから、
最近たまに感じる、

"自分の推しが
1番大きなコールがいいから
ほかの子はやりません。"



みたいな雰囲気が出てる時、
すごく違和感を感じるの。



そんなつもりなくても、
私は勝手にそう感じちゃってた。



正直いって、
推し変されるのは絶対イヤ。



推し増しはいいけど
自分への愛が薄れるの見たら
寂しい。
悲しい。






だけど推し変じゃなくても



なんとなく好きだから、
目が合ったから、
コールするって
全然いいと思うんだ。



"ほかの子のコールしたら
推しが嫌がるから。"



ドリモンにそんなこと言う
メンバーいないと思うけど


もしも、そういう理由があるなら



私推しのみんなは
私は悲しまないので



ほかの人のコールもして
盛り上げてほしい。



張り切りすぎて、
りーぬって呼ばれないのは切ないから
流石に声枯れない程度でね。笑



あと愛情薄めになるのも禁止です。笑






私さ、

自分がコールしてもらえなかったら
すっごく悲しい。



メンバーの誰かが
コール少なかったら
私も悲しい。



それ以上にコールしようって
みんなで盛り上げようって気持ちが
みんなの中にもしもなかったら、
それが一番悲しい。




だからね、
悲しませないでね、



一生懸命コールしてほしい。



"みんなで一緒に友情コール"
してほしいなって思う。



もうやってくれてる人が
いてくれてるのも知ってるし、



そんな姿を見ると
心がほっとするの。



それにね、
私自身、りーぬ推しじゃなくても
コールしてくれてる人に
沢山救われてきたんだ。









声枯れそう、とか
疲れたー、とか
人間だからそれはあるし、



そこはペース配分して、
だけどいつも全力で
コールして盛り上げてほしいなって思う。












今私達に大切なのは、

みんなと私達で
心を一つにして

アイドル戦国時代を
勝ち抜くっていうこと。







足並みが揃わないと

乗り越えられるハズの壁も

乗り越えられないよ。







私たちがもっと会場盛り上げる。

どうしたらいいかなって

まだ壁をよじのぼってる途中だけど

皆が力を貸してくれたら

一緒に心を一つにしてくれたら

きっと乗り越えられるから

心を一つに走ってほしい。









"夢の続きをもう一度"

沢山挫折も
悲しい思いもして
やっと走り出せたんだ。



止まりたくない。



輝きたい。



アイドルの中で
たくさんの壁を乗り越えて


数え切れない人が
見てるステージで
輝いてる姿。


そんな未来を絶対につかみたい。



絶対に"みんなと一緒に"
つかみたいんだ。

{EEA05FDA-BA3F-4A73-8AC4-9A79ECBCBEBD}









子供の頃、手を伸ばしたら
色んなものに手が届くのかな、
って思ってた私。



手を伸ばすだけじゃなくて
一生懸命つかみに行こうとする今の私。



がむしゃらで
ちょっと格好悪いかもだけど



そんな自分は嫌いじゃないから
これでいいんだ。



でも1人で手を伸ばし続けるのは
ちょっと心細いから



皆も一緒に手を伸ばしてね。



格好悪いなって思っても、
必死だなぁって笑われても、



みんなと一緒なら大丈夫だもん。





明日も明後日も
がむしゃらに走るぞっ。
{3D5776DE-7774-41EB-8345-11F41CC5043F}


















やっぱりね、自分の名前
沢山呼んでもらえるのって
嬉しいんだ。

特別だなって思うんだ。

私のこと呼んでくれてる時だけは
みんなの瞳に、
みんなの心に、
うつってたらいいな。







DREAMING MONSTER
木下沙央里