祠の機能

テーマ:

家の敷地内にあったり、道端にあったり

誰が作ったのかわからなくなってしまった祠は日本全国いたるところにあるでしょう。

時代の流れとともに本来の機能が風化し、忘れ去られてしまっていますが

もともとどうしてその場所に祠があるのか?ということが問題です。

記録に残っているものなどほとんどないでしょう。

また口伝で伝わってきていたものも様々な理由から絶えてしまっていることが多いのです。


かといって邪魔だからとむげに壊してしまったり、移動させてはなりません。


道路が通るから

家が建つから

区画整理するから


理由は多々あるでしょう。

しかしどれも人間が自らのことしか考えていない身勝手な理由ばかりなのです。


私たちは何故そこに祠が存在するのか、どういう機能を果たすべきなのか、

幸か不幸か聞き出すことができます。

そして本来あるべき機能を正常にはたらかせる為に、人間が心を正さなければなりません。


土地の持ち主ではない

遠い親戚でよくわからない

気味が悪い


だれでもなくその土地に住んでいるのはあなただということをお忘れにならないでいただきたいものです。


下の写真は公園の敷地内にあった祠です。

今も尚、しっかりとお供えなどされていて喜ばしいことこの上ありません。


~心霊相談所~-ほこら
RIICOH R10


ブログランキングに参加してます


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ 精神世界ランキング

AD