私は相手の潜在意識と話ができます。相手の心の奥にある思いをお伝えし、”子どもを生んでよかった”、”生まれてきてよかった”とそんな風に思える親子関係が広がっていくことが願いです。

 

先日、職場に2ヶ月に一回くる

臨床心理士さんに息子のADHDと

発達検査の結果を見せたときに

「早めにわかって良かったじゃない」

と言われて、 

 

確かに、そうなんだけど

モヤモヤしちゃった私がいました。

 

周りからみたら

息子の状態を受け入れて

早めに診断をうけて、対処している

そんなできた母に見えるわけです。

 

頭では息子がADHDであることが

わかったことは良かったと思うんだけど

親である私が

“息子を病気にしちゃった”ように思えて

心苦しく思う面もあります。

 

これって多分経験した人じゃないと

分からない気持ちだよなぁ・・と思う部分で

”受けいれているけど葛藤する”という矛盾と向き合います。

 

 

「妊娠中に何か問題があったかな?」

「育て方が悪かったかな?」

という呪縛からは解放はされる部分はあるけど

「私が親じゃない方がもっと息子の個性を伸ばせたんじゃないか。」

「分かっているのにまた(子供を)怒ってしまった。」

「息子の特性が顕著になると(分かってはいるけど)受け入れられない。」

という葛藤は、何かあるたびにフツフツとわいてきます。

 

その葛藤は親として

切り捨てることはできないもので

解決することも出来ないもので

息子との関わりの中で

親としてどうしていくか?を問われて

息子が生きている間は

続くものなのだろうと感じています。

 

 

 

 

参考記事・子供が発達障害?ADHD?と悩んでいるお母さんへ。小学4年生の息子はADHDです
・ADHDの子供の親に私が言った言葉、「きちんとして」「なんでできない」は親のエゴ
・発達障害を個性としたいのは、日本の社会がそうさせたいだけじゃないか?
・発達障害の幼児、子供を見てなんぼ!診断が全てではない
 

 

 

毎日お風呂に入るように、エネルギーも調整し

笑顔の多い毎日にしましょう。

遠隔ヒーリングは、時間、場所、行動は制限されません。

 

親子一番人気!リピート率No1

≪親子/家族円満ヒーリング≫
右矢印詳しくはこちら  →*感想はこちら    

 

聴診器密かに人気

≪健康に特化したヒーリング≫
右矢印詳しくはこちら  →*感想はこちら 

 

その他のヒーリングはこちらから


クリックお問い合わせ*お申込み
クリックHPはこちら