詳しい息子の話はこちらから


 

このところの夫の口癖は

「親も変わらないといけない」

 

息子の発達検査をうけて

夫は夫なりに考えているらしい。

 

私がガミガミ怒っていると

「そういう風に怒らない、」

と言われるのが、私としてはイラッムカムカ

 

夫は息子にイライラして

感情をぶつけてしまうこともあるけど

それを自分でコントロールしているよう。

 

私は感情のままにぶつけていると見えるようです

私はどんなに怒っても

「息子は見捨てない」

「最後は受け入れる」

と思っているので

私は私のやり方でと思って息子と接していますが

夫には分かりずらいのかも。

 

夫はどんなに前日怒っても

朝は、息子に挨拶をするし

(前はしなかった)

「ここ最近、(夫が息子に対応を易しくしているので)口答えしてくるんだよね」

と言っていたり

「やる気になれば集中するのに、そこまでが長い」

とか

「見えないコミュニケーションの部分がわからないらしい。」

とか、息子の評価もしています。

息子をケチョンケチョンにいうことは減ったように思います。

 

夫は夫で息子を受け入れようとしているんだなと感じます。

男としてのプライドもあるでしょうから、大変なんだと思うけど

夫は夫なりに一生懸命なんだと思います。

  

私が夫に正論を振りかざし

意見を言うことはできるけど

「見守っていくしかないよね」という部分もあります。

そのあたりを考えながら

夫と息子の関係を、私は一歩引いてみるようにしています。

 

それが夫にも息子にもプラスになるかなと思うので

 

9月の検査結果を聞きに行くときは

この分だと、夫も一緒に行くかな