マサイ族と一緒に跳んでみた。 | サオタビ!!

サオタビ!!

国内・国外・どこでも面白そうなとこ、綺麗なとこ、本気で行くよ!ついてきな!


テーマ:
ヘモ・グロ・ビン!

さ、今日からサファリツアー記事始まります。
ツアー会社等の情報は前回記事参照下さい。
わたくしはもう二度とエラ呼吸になりたくないので見ません。




【2/26(wed)】
深夜1時半頃ケニアのジョモ・ケニヤッタ国際空港に着いたわたくし達。
ドライバー兼日本語ガイドのジャクソンがお迎えにきてくれていました。
空港内でケニアシリングに両替をして、そのままツアー用のミニバンへ。
夜は治安がよろしくないので、朝になるまで空港の駐車場に泊めた車の中でわたくし、王子、ジャクソンの3人で仮眠をとり、夜が明けたら出発します。


あーあ、普通のベッドで寝たい。
車中泊って体勢整えるのが大変よね。
マサイマラ
足の浮腫みを取りたくてこんな格好もまま爆睡。





少し明るくなってきたところで出発。
朝は冷えました。
マサイマラ
パーカーに更にウルトラライトダウン着てもちょっと寒かった。





町を抜け。
マサイマラ





2時間くらい走ると周りが草原になってきました。
マサイマラ





草原になってきましt
マサイマラ
キリンいたー!!!!!!
初☆野生のキリン。首長い!なんか不思議!
寝不足と疲労で半分抜けてた魂が突如体内に帰還されました。
おかえり!わたくしのウルトラソウル!

マサイマラ国立保護区に入る前から動物っているんだ!と驚いたけれど、
さすがにここは動物園じゃないですもんね。柵とかないですもんね。
やっぱり野生ってすごい!わたくしの常識を超える光景!

すごいなー。
キリンとかシマウマとか、この時点で普通に見れました。






でも、こんなの序の口。
そしてゲームドライブはお昼過ぎから本格的に行くのでお預けです。







まずはマサイ村訪問です。
見学料は1人35USD。なかなかいいお値段とります。

村に着くといきなり、動物の毛皮で作った帽子を被らされた王子。
「おおー!なんか村の長みたいじゃん!」
次被らせてもらえるのかな、とワクワクして待っていたわたくし。
すると『お前はこれを持て』と、ねじれた動物の角を渡された。
マサイ村
王子の護衛の者かよ。
20代前半の頃は自然とちやほやされていたのに。
時の流れとは残酷なものです。
(多分違う)





マサイ族といったら何といってもその
ジャンプ力が有名ですわよね。
いいわよ、見せて御覧なさい、あなた達の跳躍力。


マサイ族の方々がぞろぞろとやってきて
マサイ族


ジャンプ大会が始まった。
マサイ族
「王子!3ミリしか跳べてないよ!」と野次を飛ばしていたら。
『お前も跳んでみろ』と族の一人に言われた。



ふ。わたくし、元女子バレー部ですけど?



という事でマサイ族の彼と一緒に跳んでみたら。
マサイ族
一緒に跳んだマサイ族の彼、跳び過ぎて頭部がフレームアウトしてたよ。
わたくしにかかる地球のGの値だけ、違うのではなかろうか。


マサイ族
なんでマサイ族はこんなに跳べるんだろう!
トレーニングしているのかな?それとも体の構造が違うのかな?
どちらにせよ、すごいです。





それから村の女の人達が歌を歌ってくれたり。
マサイ族


火をおこしてみたり。
マサイ族


マサイ族の家の中(真っ暗で良く見えなかった)を見せてもらったり。
マサイ族





一通り見終わると、最後にお土産コーナー。
アフリカのお土産ってどこの国でも同じようなものが売っているみたい。
現に、王子がエチオピアで買っておいてくれた木彫りの動物とか、
木で作ったしゃもじ(?)とか、同じものがここでも売っていました。

勿論、観光で成り立っているマサイ村。
お土産もかなり高値でふっかけてきます。
そしてなかなか値段が下がらない。
わたくし、交渉とか(見てるのも)面倒なので
「下がらないなら買わねーよ。」
とすぐ諦めてしまうタイプですが。

『SAORIさん、良く見てよ。』
『ここにある木彫りの動物とか、』
『明らかにエチオピアで俺が買ってきたやつより質がいい。』


そう言われてみると、確かにエチオピアで王子が買っておいてくれたのよりも、
木もしっかり滑らかに削ってあるし、動物の表情も柔らかくて可愛い。

『俺はこれ、欲しいから頑張る。』

そう言って王子、粘って粘ってようやく購入してもいい金額まで下がりました。
本当、尊敬しますわ。
わたくし、お金を要求されたり交渉したりって精神的にもすごい苦手なんですが、
こうやってしっかり交渉できる人、すごいね。みんなすごいね。
わたくしはそんな皆様に寄りかかって生きてます!





(王子のお陰で手に入れた)シマウマを眺めるわたくし。
マサイ族
首からかけているキリンのネックレスは
『これも付けるから(お土産を)買ってくれ』
と族が無理やりわたくしの首にかけてきたものです。
まぁ、可愛いです。


購入したお土産達は最後にまとめますわ。
一番のお気に入りは甥っ子にあげたキリンの車です。



---------------------------------------------
ワールドカップ開幕!
日本の初戦の日はわたくし仕事なので見れません。残念。

バナー
これわたくしが喜ぶのでshokoponお願いします。

今日も読んでくださってありがとうでしたseiseisei
シャロームsei



SAORIGRAPHさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス