• 20 Apr
    • これまでを振り返って

      山友会では、ホームレス状態にある方や元ホームレスの方などの社会的に孤立してしまうことによる様々な問題を解決し、自分自身が必要とされているという自信を取り戻してもらうことを目的に、「居場所・生きがいづくりプロジェクト」を当事者の方々と一緒に運営しています。ことし1月に行われた、生きがいづくりミーティングでは、これまでの活動について、記録してきた写真を見ながらみんなで振り返って、ホワイトボードに書き出して年表を作る!ということにチャレンジしてみました。居場所・生きがいづくりプロジェクトとして参加人数や写真撮影などの記録をつけ始めたのは、2016年の春からですが、もととなった活動自体はもっと前、2013年ごろから始まっています。あの年にはこんなことが始まったね、とかこのときに大学の学園祭に行ったね、とか誰それさんがいつから参加し始めた、とか。いつ、どんなことを考えて、誰とどんなふうに活動してきたのか、活動そのものだけでなく、活動について知ってもらうために考えたことも思い出す機会となりました。さらに、これからみんながどうしていきたいか、何について話し合っていくかについても考えました。みんなの願いは「新しい人にプロジェクトに参加してほしい」でした。そして2月、ミーティングではグループに分かれてどうしたら新しい人が参加するか?を考えました。それぞれのグループがアイディアを出し、発表し合ったのですが、いかに参加しやすくするか、どんな雰囲気にしたらいいか、迷惑や不快に思う人が出ないようにするには……?おじさんたちの提案は細かなところにまで及びました。慣れない形でのミーティングに、おじさんたちは少しだけ緊張していたみたいでしたが、またこの続きをやろう!ということで、次回もこの話し合いは続いていきます。つながりを作っていくことを、おじさんたちは希望しています。おじさんたちが意見を出し合っているとき、私は、つい自分の意見を挟みそうになってしまうときがあるのですが、それはあまり良いことではありません。おじさんたちでない誰かが、合理性や効率の観点から「こうすればいいよ」と口出しすることはとても簡単で、それによって何かが一時的にうまくいったように見えるかもしれません。しかし、それはおじさんたちの成したことではありません。誰かに作られたフレームでコミュニティが出来上がってしまったとしたら、フレームが少し壊れたり、ずれたりしてしまったとき、コミュニティの中の人たちは、それが自分たちで作ったものでないために修理ができないかもしれません。自分たちで手入れができなければ、長続きさせるのは難しそうです。それでも、手助けを必要とされるときがあります。そのときは、「待ってました」とばかりにお手伝いをさせていただきます。次回のミーティングでは、どんな展開をするのか、楽しみにしています。(居場所・生きがいづくりプロジェクト担当 伊藤)*********************************************************************【スタッフ・ボランティア大募集!】『閉ざされた心から、笑顔を取り戻すシゴト、してみませんか?』<募集内容・職種>・無料診療所「山友会クリニック」看護師(常勤・非常勤・ボランティア)・ケア付き宿泊施設「山友荘」生活支援スタッフ(常勤・非常勤)※募集内容の詳細はこちらから→http://sanyukai.or.jp/sanka.html【山友会メールマガジン ”やまとも通信”】活動のトピックスやイベント・ボランティア募集などの情報が満載です! (配信は月1回)登録はこちらから→http://bit.ly/2oPwUEu【マンスリーサポーター募集中です!】ホームレス状態を余儀なくされている人々が、ひとりではないと感じ、笑顔を取り戻すために。月々1,000円からのご支援。詳しくはこちらから→http://bit.ly/sanyukai_monthly

      4
      テーマ:
  • 13 Apr
    • 「菜園のヒーロー」

      山友会では、ホームレス状態にある方や元ホームレスの方などの社会的に孤立してしまうことによる様々な問題を解決し、自分自身が必要とされているという自信を取り戻してもらうことを目的に、「居場所・生きがいづくりプロジェクト」を当事者の方々と一緒に運営しています。プロジェクトでは、メンバーたちの発案により、数年前から山友会の屋上で小さなプランターを並べて野菜を育てています。採れた野菜を食堂で使ってほしい、ということでした。現在、屋上菜園は、農家に育ち、畑仕事が好きだというメンバーのNさんが担当されていて、プランターを置く場所はもともとの屋上だけでなく、山友会の玄関先にまでエリアを拡大しています。最近では、「土地が足りないなあ」とつぶやくNさん、作付面積を増やしてもっとたくさん収穫をしたいようです。先日の生きがいづくりミーティングでは、これまでの活動を記録した写真を並べてみたのですが、Nさんが育ててきた鮮やかな野菜の写真は、それらの中でひときわ目立っていました。実は、もともと菜園の担当者は農作業の経験のない方々でした。未経験なりに、いろいろと苦労しながら野菜を育てようとしていたのですが、実が小さかったり、枯れてしまったり……。そんなとき、Nさんが途中から参加し始めました。それからというもの、野菜が元気に育って立派な実をつけるようになったというのです。ミーティングで他のメンバーに「Nさんは菜園のヒーローだ!」とはやされましたが、「好きだから続けたいし、続けられるんだ」というNさんの目は真面目でした。今年も、玄関先でサヤエンドウが育ちつつある様子を説明しながら、目を細めるNさんでした。(居場所・生きがいづくりプロジェクト担当 伊藤)********************************【スタッフ募集!】■山友会クリニック 看護師(常勤)※1名路上生活を送る方や、経済的な問題で一般の医療機関を受診できない方などが患者さんとして主に受診される、全国的にも希少な無料診療所です。 来院された患者さんの話にじっくりと耳を傾けて、心を通じ合わせながら診療を行うことを大切にしています。募集内容の詳細はこちら→http://bit.ly/2kMwvTq■ケア付き宿泊施設 山友荘 生活支援員(常勤)※1名入居者の方々にアットホームな雰囲気で過ごして頂けるように、生活のサポートを行っています。募集内容の詳細はこちら→採用情報【山友会メールマガジン ”やまとも通信”】活動のトピックスやイベント・ボランティア募集などの情報が満載です! (配信は月1回)登録はこちらから→メルマガ登録フォーム【山谷スタディツアー開催中!】山谷地域や山友会の活動についてご関心をお持ちの方を対象に、スタディツアーを開催しております。「知る」「関心を持つ」ということも、ホームレス問題を解決するひとつの方法です。皆さまのご参加、お待ちしております!詳しくはこちらから→山谷スタディツアー【マンスリーサポーター募集中です!】ホームレス状態を余儀なくされている人々が、ひとりではないと感じ、笑顔を取り戻すために。月々1,000円からのご支援。詳しくはこちらから→マンスリーサポーターへのご協力のお願い

      1
      1
      テーマ:
  • 23 Feb
    • 控えめな性格

      山友会では、ホームレス状態にある方や元ホームレスの方などの社会的に孤立してしまうことによる様々な問題を解決し、自分自身が必要とされているという自信を取り戻してもらうことを目的に、「居場所・生きがいづくりプロジェクト」を当事者の方々と一緒に運営しています。山友会では、「無縁仏となってしまうホームレスの人々が入れるお墓を建てたい」プロジェクトによって、活動を通して深い関係を結んできた支援対象者の方々の入れるお墓を、平成27年2月に事務所近くの浄土宗 光照院さんに建立させて頂きました。去年のお彼岸、ジャンさんをはじめとする山友会のスタッフとおじさんたちは、山友会のお墓へお参りに行きました。※おじさん・・・山友会を訪れる年配の路上生活者の方や元ホームレスの方のことを、親しみを込めて「おじさん」と呼んでいます。旅立っていった仲間への挨拶をすませて、事務所に戻ってきたみんなは、簡単な食事の席をともにしました。そんな中、たいそう遠慮がちにしている、新顔のおじさんがいました。馴染みのおじさんが、「最近、ときどき山友会に来ているよ」と、教えてくれました。その方は、私が挨拶をすると、こんな席に呼んでもらってありがたい、わきまえないといけない、と小さな声で言うのでした。そんな彼も時間が過ぎてだんだんと山友会に慣れ、他のおじさんたちとも仲良くなり、居場所・生きがいづくりプロジェクトの石けん作りや人形作りに参加されるようになりました。ある日のこと、居場所・生きがいづくりプロジェクトのメンバーのおじさんが、Jさんもミーティングに呼ぼうか、というのでJさんはプロジェクトに参加することになりました。自己紹介のとき、「人に迷惑をかけないように、頑張ります」と言ったJさん。つい、そんなふうに言うようになった、何かがあったのかもしれません。慣れてきて、少し声も大きくなってきたものの、控え目な性格はそのまま。それでも、うまく言えないのですが、少しずつ気持ちが溶けてきているのじゃないかな、と思います。(居場所・生きがいづくりプロジェクト担当 伊藤)********************************【3/3(土)2017年 活動報告会 参加申し込み受付中!】1年間の活動の成果や様子などをご報告。今回の報告会では、おじさん達や山谷地域の状況など活動を取り巻く環境の変化を踏まえた今後の活動方針についても発表予定です。ぜひご参加ください!詳しくはこちらから→http://bit.ly/2ED4mXL【スタッフ募集!】■山友会クリニック 看護師(常勤)※1名路上生活を送る方や、経済的な問題で一般の医療機関を受診できない方などが患者さんとして主に受診される、全国的にも希少な無料診療所です。 来院された患者さんの話にじっくりと耳を傾けて、心を通じ合わせながら診療を行うことを大切にしています。募集内容の詳細はこちら→http://bit.ly/2kMwvTq■ケア付き宿泊施設 山友荘 生活支援員(常勤)※1名入居者の方々にアットホームな雰囲気で過ごして頂けるように、生活のサポートを行っています。募集内容の詳細はこちら→採用情報【山友会メールマガジン ”やまとも通信”】活動のトピックスやイベント・ボランティア募集などの情報が満載です! (配信は月1回)登録はこちらから→メルマガ登録フォーム【山谷スタディツアー開催中!】山谷地域や山友会の活動についてご関心をお持ちの方を対象に、スタディツアーを開催しております。「知る」「関心を持つ」ということも、ホームレス問題を解決するひとつの方法です。皆さまのご参加、お待ちしております!詳しくはこちらから→山谷スタディツアー【マンスリーサポーター募集中です!】ホームレス状態を余儀なくされている人々が、ひとりではないと感じ、笑顔を取り戻すために。月々1,000円からのご支援。詳しくはこちらから→マンスリーサポーターへのご協力のお願い

      3
      テーマ:
  • 02 Feb
    • 旅する人形

      山友会では、ホームレス状態にある方や元ホームレスの方などの社会的に孤立してしまうことによる様々な問題を解決し、自分自身が必要とされているという自信を取り戻してもらうことを目的に、「居場所・生きがいづくりプロジェクト」を当事者の方々と一緒に運営しています。1月は、看護学生の方々が実習に来てくださっていました。4日の研修期間に、山友会の活動だけでなく、同じ山谷地域で訪問看護を行っている訪問看護ステーションコスモスさんなどの見学も行うという充実した予定です。山友会での実習では、山友会クリニックの見学をはじめ、山友荘や相談室のお手伝い、食堂での食事作りや炊き出しのお手伝いなど、さまざまな体験をしていただいています。加えて、居場所・生きがいづくりプロジェクトのメンバーの方たちと、せっけん作りや人形作りも体験していただきました。会話もはずみ、おじさんたちもうれしそう!真っ白な紙粘土でできたお人形にそれぞれ自由に顔を描いて、世界でひとつのかわいい人形ができました。居場所・生きがいづくりプロジェクトでは、実習やスタディツアーなどで山友会を訪れた方に人形作りに参加していただくことがあります。絵具が乾くのに時間がかかるため、絵をつけた方がそれをご自身で持って帰るのではなく、つぎに来られた方が記念品として持って帰るということをしています。前に来た人の作品を持ち帰り、自分の作品が次の人の手に渡る。縁もゆかりもなかった人たちが、人形をとおして繋がっていくみたいで面白いですね。なんと、これまでには、海外へ旅立っていった人形も少なくありません。山友会を出発したたくさんの人形たちは、それぞれどこを旅しているのでしょうか。そうやって考えると、ちょっとわくわくします。(居場所・生きがいづくりプロジェクト担当 伊藤)********************************【スタッフ募集!】■山友会クリニック 看護師(常勤)※1名路上生活を送る方や、経済的な問題で一般の医療機関を受診できない方などが患者さんとして主に受診される、全国的にも希少な無料診療所です。 来院された患者さんの話にじっくりと耳を傾けて、心を通じ合わせながら診療を行うことを大切にしています。募集内容の詳細はこちら→http://bit.ly/2kMwvTq■ケア付き宿泊施設 山友荘 生活支援員(常勤)※1名入居者の方々にアットホームな雰囲気で過ごして頂けるように、生活のサポートを行っています。募集内容の詳細はこちら→採用情報【山友会メールマガジン ”やまとも通信”】活動のトピックスやイベント・ボランティア募集などの情報が満載です! (配信は月1回)登録はこちらから→メルマガ登録フォーム【山谷スタディツアー開催中!】山谷地域や山友会の活動についてご関心をお持ちの方を対象に、スタディツアーを開催しております。「知る」「関心を持つ」ということも、ホームレス問題を解決するひとつの方法です。皆さまのご参加、お待ちしております!詳しくはこちらから→山谷スタディツアー【マンスリーサポーター募集中です!】ホームレス状態を余儀なくされている人々が、ひとりではないと感じ、笑顔を取り戻すために。月々1,000円からのご支援。詳しくはこちらから→マンスリーサポーターへのご協力のお願い

      5
      テーマ:
  • 01 Dec
    • 台風が通った日

      山友会では、ホームレス状態にある方や元ホームレスの方などの社会的に孤立してしまうことによる様々な問題を解決し、自分自身が必要とされているという自信を取り戻してもらうことを目的に、「居場所・生きがいづくりプロジェクト」を当事者の方々と一緒に運営しています。去る10月22日(日)、その日は“野点”が開催される日でした。※”野点”についてはこちら→“野点”山谷の路肩に居場所が生まれます!直前の生きがいづくりミーティングでは、メンバーの皆さんが楽しみにいろいろなことを計画していたのですが、なんと当日は台風が開催地付近を襲い、強い雨風のため、じんじんさんの苦渋の判断で中止となったのでした……。野点の運営担当の“谷中のおかって”の方々は、せっかく来てくださったお客様やおじさんたちのために色々と準備をしてくださり、近隣の区民館で借りた広い和室で、お茶を飲んだりお菓子を食べたりしてゆっくり過ごすこととなりました。そうはいっても、半日お茶を飲むだけではつまらない!もともと、おじさんたちが、野点の日に何をする予定だったかというと……?●輪投げ絵を描いたり、紙とセロハンテープで人形を作るのを趣味としているメンバーのおじさんが、人形を作って、お客様に輪を投げてもらい、入ったらその人形をもらえるという屋台。●おじさんたちのおじさんウォークおじさんが幼いころに出会ったおじさんの思い出話を、谷中のおかってのメンバーが語りながら、巨大なウレタン製のズボン(おじさんの象徴)を移動させつつ、神社の境内を練り歩くというもの。輪投げは、部屋の中だってできるよね、ってことで実施しました。おじさんウォークは、、、なんと雨のなか、やってしまいました!!!その様子がこちら。他にも、谷中のおかってのメンバーが、その場に集まった方々から聞きとった山谷にまつわるワードをつなげて、“山谷ラップ”を披露するなど、野点は中止になったけれど、室内でもみんなで大いに楽しむことができました。当日は、前回ご紹介した「居場所・生きがいづくりプロジェクト」の新メンバーさんも参加、なんと雨のなか最後の片付けまで手伝ってくれましたよ。後日の生きがいづくりミーティングでは、区民館に来られなかったメンバーに、みんなで台風の日に何をしたのかをそれは細かく、楽しそうにお話ししたのでした。来年は、晴れるといいね。(居場所・生きがいづくりプロジェクト担当 伊藤)写真提供:一般社団法人 谷中のおかって山谷バラエティロード主催:一般社団法人 谷中のおかって東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科後援:台東区協力:台東区清川町会認定NPO法人 山友会東洋大学社会福祉学総合演習II/Ⅲ 須田ゼミ平成29年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業********************************【マンスリーサポーター募集中です!】ホームレス状態を余儀なくされている人々が、ひとりではないと感じ、笑顔を取り戻すために。月々1,000円からのご支援。詳しくはこちらから→マンスリーサポーターへのご協力のお願い【山友会メールマガジン ”やまとも通信”】活動のトピックスやイベント・ボランティア募集などの情報が満載です! (配信は月1回)登録はこちらから→メルマガ登録フォーム【山谷スタディツアー開催中!】山谷地域や山友会の活動についてご関心をお持ちの方を対象に、スタディツアーを開催しております。「知る」「関心を持つ」ということも、ホームレス問題を解決するひとつの方法です。皆さまのご参加、お待ちしております!詳しくはこちらから→山谷スタディツアー【スタッフ募集!】ケア付き宿泊施設 山友荘 生活支援員(常勤)1名を募集しています。入居者の方々にアットホームな雰囲気で過ごして頂けるように、生活のサポートを行っています。募集内容の詳細はこちら→採用情報

      2
      テーマ:
  • 27 Oct
    • 新しいメンバー

      山友会では、ホームレス状態にある方や元ホームレスの方などの社会的に孤立してしまうことによる様々な問題を解決し、自分自身が必要とされているという自信を取り戻してもらうことを目的に、「居場所・生きがいづくりプロジェクト」を当事者の方々と一緒に運営しています。先月も、定例の"生きがいづくりミーティング"を行いました。現在進行中の活動について、担当のメンバーからひと通り報告があり、そのあとはお茶を飲みながらのよもやま話に移りました。そして、居場所・生きがいづくりプロジェクトに新メンバーを入れてはどうかという話になり、ある人の名前が挙がりました。前回のミーティングで「お祭りにひとりで来ていたよ」と噂になっていた、その人です。※「ひとりじゃないと信じられたら 」https://ameblo.jp/sanyukai1984/entry-12310980066.htmlやはり、メンバーの皆さんはその人のことが気になっていたようです。ミーティング中でしたが、ちょうど山友会に来ていたその人にメンバーがすぐに声をかけ、そのままミーティングに初参加となりました。恥ずかしそうに自己紹介をしたあと、早速10月22日(日)の“野点”(※)について「みんなでどんな準備をしようか」というお話がはずんだのでした。※“野点”山谷の路肩に居場所が生まれます!https://ameblo.jp/sanyukai1984/entry-12312947283.html新しい仲間を迎え入れることで、メンバーにどのような心境の変化があったでしょうか。そして、どのような新しい関係が結ばれていくでしょうか。(居場所・生きがいづくりプロジェクト担当 伊藤)

      4
      テーマ:
  • 22 Sep
    • 山谷の路肩に居場所が生まれます!

      山友会では、ホームレス状態にある方や元ホームレスの方などの社会的に孤立してしまうことによる様々な問題を解決し、自分自身が必要とされているという自信を取り戻してもらうことを目的に、「居場所・生きがいづくりプロジェクト」を当事者の方々と一緒に運営しています。先日、谷中のおかってのメンバー、大学生の方々と、今年も山谷の玉姫稲荷神社の路肩で開催される きむらとしろうじんじんさんによる“野点(のだて)”イベントの打ち合わせが行われました。※野点 とは?『野点』とは、大・小のリヤカーに陶芸窯、素焼きのお茶碗、うわぐすりなどの陶芸道具と、お抹茶セット一式を積んで、街のさまざまな場所でお茶碗を焼いて抹茶が飲めるカフェを開く……という、いわば「陶芸お抹茶屋台」。お客さんがそれぞれ好みの絵つけをしたお茶碗は、楽焼(らくやき)という方法によって約40分で焼き上げられます。お客さんは、その自作のお茶碗で抹茶を楽しめます。アーティスト・きむらとしろうじんじんさんが、1995年より全国各地で継続的に展開しているそうです。※きむらとしろうじんじん さん(アーツカウンシル東京HPより http://www.tarl.jp/cat_coordinator/3508.html)※谷中のおかってhttp://okatte.info/※昨年の野点の様子「きむらとしろうじんじん「野点」×山友会の仲間たち!」(山友会ブログ)https://ameblo.jp/sanyukai1984/entry-12217478245.html昨年行われた野点では、「山谷バラエティロード2016」と銘打って、野点コーナーを取り巻くように、腕相撲コーナーやベーゴマコーナーなどの無料の模擬店を展開しました。それらは、居場所・生きがいづくりプロジェクトに参加してくれている山友会の仲間たちとじんじんさん、イベントの運営スタッフの皆さんがアイディアを持ち寄ったもので、地域の方との交流をはかりました。今年も谷中のおかってさんにお声がけをいただき、山友会も協力団体として参加させていただくことになりました。ありがとうございます。今年の野点は10月22日(日)。その日の山谷の路肩では、何が起こるのでしょうか…。お楽しみに!(居場所・生きがいづくりプロジェクト担当 伊藤)**************************************【2017年夏の募金 ご協力のお願い】ホームレス状態にある方の閉ざした心を開き、夏の太陽のように輝く笑顔を取り戻すために。みなさんのやさしさを私たちに託してもらえませんか。※2017年 夏の募金 特設ページ http://bit.ly/2017natubokin【スタッフ募集!】ケア付き宿泊施設 山友荘 生活支援員(常勤)1名を募集しています。入居者の方々にアットホームな雰囲気で過ごして頂けるように、生活のサポートを行っています。募集内容の詳細はこちら→採用情報【山友会メールマガジン ”やまとも通信”】活動のトピックスやイベント・ボランティア募集などの情報が満載です! (配信は月1回)登録はこちらから→メルマガ登録フォーム【山谷スタディツアー開催中!】山谷地域や山友会の活動についてご関心をお持ちの方を対象に、スタディツアーを開催しております。「知る」「関心を持つ」ということも、ホームレス問題を解決するひとつの方法です。皆さまのご参加、お待ちしております!詳しくはこちらから→山谷スタディツアー【マンスリーサポーター募集中です!】ホームレス状態を余儀なくされている人々が、ひとりではないと感じ、笑顔を取り戻すために。月々1,000円からのご支援。詳しくはこちらから→マンスリーサポーターへのご協力のお願い【Facebookページ】 "山友会”最新の活動の情報を写真付きでお届けしています!「いいね!」お願いします。【Twitter公式アカウント】@sanyukai1984 活動情報、ホームレス支援、貧困問題、NPO業界などについての情報をお届けしています。

      6
      テーマ:
  • 15 Sep
    • ひとりじゃないと信じられたら

      山友会では、ホームレス状態にある方や元ホームレスの方などの社会的に孤立してしまうことによる様々な問題を解決し、自分自身が必要とされているという自信を取り戻してもらうことを目的に、「居場所・生きがいづくりプロジェクト」を当事者の方々と一緒に運営しています。プロジェクトでは、月に一度、ミーティングを開催しています。先日行われた、生きがいづくりミーティングでは、いつものようにDVD鑑賞会や石けん作り、人形作りなどの活動について担当の方から報告がありました。今回は、そんなミーティングのなかでプロジェクトに時々参加されているある方についての話題が出ました。「そういえば、○○さんは山友会に来ないときはいつも何してるのかな」「この間、お祭りに来ていたのを見たよ」「誰かと来ていたの?」「いや、一人だったよ」「でも、一人で行っても俺たちみたいに誰か知り合いがいるからね」……その方について、気にかけるような会話が続きます。関わりのある方々が互いに気にかけあう存在となってゆくことは、居場所・生きがいづくりプロジェクトのだいじな目標のひとつです。本当にたわいのない、ちょっとしたこんな会話がときどきなされることで、みんなが独りじゃないと信じられたら……と思う日々です。(居場所・生きがいづくりプロジェクト担当 伊藤)**************************************【2017年夏の募金 ご協力のお願い】ホームレス状態にある方の閉ざした心を開き、夏の太陽のように輝く笑顔を取り戻すために。みなさんのやさしさを私たちに託してもらえませんか。※2017年 夏の募金 特設ページ http://bit.ly/2017natubokin【スタッフ募集!】ケア付き宿泊施設 山友荘 生活支援員(非常勤)1名を募集しています。入居者の方々にアットホームな雰囲気で過ごして頂けるように、生活のサポートを行っています。募集内容の詳細はこちら→採用情報【山友会メールマガジン ”やまとも通信”】活動のトピックスやイベント・ボランティア募集などの情報が満載です! (配信は月1回)登録はこちらから→メルマガ登録フォーム【山谷スタディツアー開催中!】山谷地域や山友会の活動についてご関心をお持ちの方を対象に、スタディツアーを開催しております。「知る」「関心を持つ」ということも、ホームレス問題を解決するひとつの方法です。皆さまのご参加、お待ちしております!詳しくはこちらから→山谷スタディツアー【マンスリーサポーター募集中です!】ホームレス状態を余儀なくされている人々が、ひとりではないと感じ、笑顔を取り戻すために。月々1,000円からのご支援。詳しくはこちらから→マンスリーサポーターへのご協力のお願い【Facebookページ】 "山友会”最新の活動の情報を写真付きでお届けしています!「いいね!」お願いします。【Twitter公式アカウント】@sanyukai1984 活動情報、ホームレス支援、貧困問題、NPO業界などについての情報をお届けしています。

      1
      1
      テーマ:
  • 16 Aug
    • 新しい担当さんにタッチ交代!

      山友会では、ホームレス状態にある方や元ホームレスの方などの社会的に孤立してしまうことによる様々な問題を解決し、自分自身が必要とされているという自信を取り戻してもらうことを目的に、「居場所・生きがいづくりプロジェクト」を当事者の方々と一緒に運営しています。プロジェクトの参加者のアイディアで、山友会に集う人たちのためにと企画された「DVD鑑賞会」。山友会の1階にある憩いの場所で、毎週月曜日の午前から、お昼をはさんで3時頃まで行われています。夏の日差しや冬の木枯らしを避けて、日中のひとときをここで過ごす方も少なくありません。居場所・生きがいづくりプロジェクトメンバーのDVD鑑賞会を担当してくれている方は、おじさんたちの好きな時代劇や、話題の洋画などを選んでレンタルし、モニターへの照り返しを遮って見やすくしたり、工夫をしながら運営されてきました。※おじさん・・・山友会を訪れる年配の路上生活者の方や元ホームレスの方のことを、親しみを込めて「おじさん」と呼んでいます。しかし、その担当の方が月曜日にお仕事の予定が入るようになって、残念ながら続けられなくなってしまったのでした…。今後はどうしますか?と聞いてみると、プロジェクト参加者の別の方にお願いして、タッチ交代するのだということでした。しかし、新しい担当さんは、好みが少々偏っているようで…… 「担当者が変わってから、白黒の時代劇ばっかりだよ!」と苦笑する方も。そんな意見を聞いて、 「ふふふ、わかったよ~。これからは新しいのも借りるから。」と笑っていた新しい担当さんのでした。(居場所・生きがいづくりプロジェクト担当 伊藤)**************************************【2017年夏の募金 ご協力のお願い】ホームレス状態にある方の閉ざした心を開き、夏の太陽のように輝く笑顔を取り戻すために。みなさんのやさしさを私たちに託してもらえませんか。※2017年 夏の募金 特設ページ http://bit.ly/2017natubokin【スタッフ募集!】ケア付き宿泊施設 山友荘 生活支援員(非常勤)1名を募集しています。入居者の方々にアットホームな雰囲気で過ごして頂けるように、生活のサポートを行っています。募集内容の詳細はこちら→採用情報【山友会メールマガジン ”やまとも通信”】活動のトピックスやイベント・ボランティア募集などの情報が満載です! (配信は月1回)登録はこちらから→メルマガ登録フォーム【山谷スタディツアー開催中!】山谷地域や山友会の活動についてご関心をお持ちの方を対象に、スタディツアーを開催しております。「知る」「関心を持つ」ということも、ホームレス問題を解決するひとつの方法です。皆さまのご参加、お待ちしております!詳しくはこちらから→山谷スタディツアー【マンスリーサポーター募集中です!】ホームレス状態を余儀なくされている人々が、ひとりではないと感じ、笑顔を取り戻すために。月々1,000円からのご支援。詳しくはこちらから→マンスリーサポーターへのご協力のお願い【Facebookページ】 "山友会”最新の活動の情報を写真付きでお届けしています!「いいね!」お願いします。【Twitter公式アカウント】@sanyukai1984 活動情報、ホームレス支援、貧困問題、NPO業界などについての情報をお届けしています。

      テーマ:
  • 14 Jul
    • ゴーヤの実はどこ…?

      山友会では、ホームレス状態にある方や元ホームレスの方などの社会的に孤立してしまうことによる様々な問題を解決し、自分自身が必要とされているという自信を取り戻してもらうことを目的に、「居場所・生きがいづくりプロジェクト」を当事者の方々と一緒に運営しています。活動のひとつである菜園では、プランターを山友会の屋上に設置しています。さらに、ただ今山友会事務所の玄関の脇でゴーヤカーテンを育成中です。事務所に来所されたおじさんが、つるの伸びてきたゴーヤをじーっと見ています。※おじさん・・・山友会を訪れる年配の路上生活者の方や元ホームレスの方のことを、親しみを込めて「おじさん」と呼んでいます。何かを探しているのかな?「実が生ってるっていうんだけど、見つけられないよ」探してみました。うーん。わからないなあ。ほんとにあるの?(疑)……! あった。ゴーヤの赤ちゃん発見。3センチほどの、かわいいい実をつけていました!これからどんどん実が増えていくのでしょうか。大きくなるのが楽しみです!(居場所・生きがいづくりプロジェクト担当 伊藤)**************************************【2017年夏の募金 ご協力のお願い】ホームレス状態にある方の閉ざした心を開き、夏の太陽のように輝く笑顔を取り戻すために。みなさんのやさしさを私たちに託してもらえませんか。※2017年 夏の募金 特設ページ http://bit.ly/2017natubokin【スタッフ募集!】ケア付き宿泊施設 山友荘 生活支援員(非常勤)1名を募集しています。入居者の方々にアットホームな雰囲気で過ごして頂けるように、生活のサポートを行っています。募集内容の詳細はこちら→採用情報【山友会メールマガジン ”やまとも通信”】活動のトピックスやイベント・ボランティア募集などの情報が満載です! (配信は月1回)登録はこちらから→メルマガ登録フォーム【山谷スタディツアー開催中!】山谷地域や山友会の活動についてご関心をお持ちの方を対象に、スタディツアーを開催しております。「知る」「関心を持つ」ということも、ホームレス問題を解決するひとつの方法です。皆さまのご参加、お待ちしております!詳しくはこちらから→山谷スタディツアー【マンスリーサポーター募集中です!】ホームレス状態を余儀なくされている人々が、ひとりではないと感じ、笑顔を取り戻すために。月々1,000円からのご支援。詳しくはこちらから→マンスリーサポーターへのご協力のお願い

      5
      テーマ:

プロフィール

認定NPO法人 山友会

自己紹介:
認定NPO法人 山友会(さんゆうかい) 『路上生活を送らざるを得ない人々や苦しい生活を送らざる...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お気に入りブログ

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。