山友会の運営する無料診療所「山友会クリニック」は、おもにホームレス状態にある方など健康保険証をお持ちでないことにより一般の医療機関を受診できない患者さんを対象に、無料診療を行っています。

 

 

クリニックには精神疾患を抱えた患者さんも多くみえます。その中で、近くの簡易宿泊所に住んでいるNさんのお話です。

 

うつ状態のため部屋から出て来られず、身だしなみもままならない様子で精神科医師の診察を受けたいと宿の帳場さんが相談に来られ、クリニックを受診することに。

 

最初の診察には帳場さんが付き添い、医師の質問に対してご本人が発言することは殆どなく帳場さんから状況を伺います。

 

髪や髭も伸びてうつむき、目も合わせられず表情も暗く、じっと固まり緊張している印象でした。

 

ご本人と相談し仙人生活の脱出...この日は散髪と爪切り、シャワーを!

さっぱりとして外見は見違えます。

 

その後も週一で通院、医師の差し入れのたこ焼きを食べながらの和やかな診察、看護師やボランティア鍼灸師のマッサージ、足浴などを受けられるように。

 

 

マッサージや足浴では緊張が溶けたようで、表情が和らぎ、雰囲気が変わります。

 

特別な薬は処方せず、信頼出来る医師のとの会話、(手当て)手を触れて診ることが今の治療かなと感じています。

 

最近では、週一だけですが付き添いなしで受診できるまでになり、医師が不在時も相談室で少しの間過ごせたりしています。

 

診察が終わると、「また来週いらしてくださいね」と約束。

 

翌週に受診された時は皆で喜びます。

 

あせらずにゆっくりと、これからも皆で支えていきますね。

 

(クリニック看護師 関)

 

************************************** 

【相談室ボランティア募集中!】

相談室では、山友会をとおして生活保護を受給し地域での生活をはじめた方々の一般病院での受診同行や、役所での様々な手続きのお手伝いをさせていただいています。私たち相談室のスタッフと一緒にこうしたお手伝いをしてみたいという方、ぜひご相談ください。 社会福祉系の学生さんのインターンシップも受け入れています。詳しくはこちらから→相談室ボランティア募集ページ

 

【山谷スタディツアー開催中!】

山谷地域や山友会の活動についてご関心をお持ちの方を対象に、スタディツアーを開催しております。「知る」「関心を持つ」ということも、ホームレス問題を解決するひとつの方法です。皆さまのご参加、お待ちしております!

詳しくはこちらから→山谷スタディツアー

 

2017年夏の募金 ご協力のお願い

ホームレス状態にある方の閉ざした心を開き、夏の太陽のように輝く笑顔を取り戻すために。

みなさんのやさしさを私たちに託してもらえませんか。

※2017年 夏の募金 特設ページ http://bit.ly/2017natubokin

 

【スタッフ募集!】

ケア付き宿泊施設 山友荘 生活支援員(非常勤)1名を募集しています。

入居者の方々にアットホームな雰囲気で過ごして頂けるように、生活のサポートを行っています。 募集内容の詳細はこちら→採用情報

 

【Facebookページ】

 "山友会

最新の活動の情報を写真付きでお届けしています!「いいね!」お願いします。

【Twitter公式アカウント】
@sanyukai1984
 活動情報、ホームレス支援、貧困問題、NPO業界などについての情報をお届けしています。