「手当て」のちから

テーマ:

山友会の運営する無料診療所「山友会クリニック」は、おもにホームレス状態にある方など健康保険証をお持ちでないことにより一般の医療機関を受診できない患者さんを対象に、無料診療を行っています。

 

今回は、鍼灸・マッサージと診察に毎週通われている患者さんのお話です。

 

その患者さんは受診されるたびに、痛みをはじめとするたくさんの訴えとお薬の処方を求められる方でした。

 

ところが先日。

 

 

いつものマッサージ後の診察のこと。

 

その日診察をしてくださったボランティア医師が、その患者さんが痛いと訴えてらしたところににお灸を据えたり、さすったりしながらじっくりとお話をしてくださいました。

 

 

いつものように、薬を出して欲しいとお話になるのかなと思いきや…、

 

 

その日はお薬の処方を希望されることなくお帰りになったのでした。

 

 

その患者さんは、もしかすると、いつもは満たされない何かを埋めるような気持ちで、薬の処方を求めていたのでかもしれません。

 

 

心を寄せて「手当て」をすることの大切さに改めて気づかされた出来事でした。

 

(山友会クリニック看護師 塚田)

 

**************************************

【スタッフ募集!】

ケア付き宿泊施設 山友荘 生活支援員(非常勤)1名を募集しています。

入居者の方々にアットホームな雰囲気で過ごして頂けるように、生活のサポートを行っています。 募集内容の詳細はこちら→採用情報

 

【山友会メールマガジン ”やまとも通信”】

活動のトピックスやイベント・ボランティア募集などの情報が満載です! (配信は月1回)

登録はこちらから→メルマガ登録フォーム

 

【山谷スタディツアー開催中!】

山谷地域や山友会の活動についてご関心をお持ちの方を対象に、スタディツアーを開催しております。「知る」「関心を持つ」ということも、ホームレス問題を解決するひとつの方法です。皆さまのご参加、お待ちしております!

詳しくはこちらから→山谷スタディツアー

 

マンスリーサポーター募集中です!】

ホームレス状態を余儀なくされている人々が、ひとりではないと感じ、笑顔を取り戻すために。
月々1,000円からのご支援。詳しくはこちらから→マンスリーサポーターへのご協力のお願い

 

【Facebookページ】

 "山友会

最新の活動の情報を写真付きでお届けしています!「いいね!」お願いします。

【Twitter公式アカウント】
@sanyukai1984
 活動情報、ホームレス支援、貧困問題、NPO業界などについての情報をお届けしています。