秋の散歩道

テーマ:

こんにちは。

 

過ごしやすい季節になりましたね。

最近、運動というものを全くしておりません。ゴルフの打ちっぱなしすら行っておりません。

やばい、体重計に載るのが怖い。

 

その日は、秋晴れ。嫁のほうから、百々ヶ峰にでも登ろうか、と。

いいね。

百々ヶ峰というのは岐阜市で一番高い山。金華山は数十回登ったことがありますが、

百々ヶ峰は未登頂。さあ出発だ。

ここが入口。三田洞からのルートです。

金華山登山と異なり、なだらかな舗装された道をゆっくり歩いていきます。

途中、山県方面の景色。

最後の山頂まで、数百メートルは山道になります。

スタートから、1時間30分ほど。金華山より、倍の時間がかかりますが、ゆっくりと登れる分楽です。

下りは、山道を使い、1時間ほどで下山しました。

ちょうどいい運動になりますので、金華山よりおすすめです。ただ、山頂には自販機すらないので

飲み物の携帯は必須です。

久しぶりの運動はやはり気持ちいい。

調子に乗ってしまった僕は、よし、来週は寸又峡に行くぞ、と。

 

寸又峡は、テレビの旅番組で見て、一度行ってみたいと思っていた場所。

朝、6時に出発。

途中、塩郷の吊り橋に寄ります。民家の上や、大井川鉄道の上を渡る長い吊り橋です。

「大井川サスペンスブリッジ 恋愛事件 塩郷の吊り橋」と書いてあります。

さらに進み、寸又峡へ。

寸又峡は、吊り橋の下の水がブルーに見えることで有名なのですが、その日は残念ながらブルーには見えませんでした。

1時間30分ほどかけて周回しましたが、アップダウンが結構ありますので、いい運動になりました。

帰り道、なんと駅にSLが止まっているではないですか。

大井川鉄道のSL.。かっこいい。

近くの道の駅で休憩していると、ポーン(?)と汽笛を鳴らし、出発していきました。

川沿いの道を運転していると、先ほど出発したSL発見。

先回りして、SLを待ち構えます。

うーん、爽快ですね。タイムスリップしたみたい。あー楽しかった。

家に帰る頃は、夜7時。

愛犬が待ちくたびれた様子で、お迎え。

とーちゃん、かーちゃん、お疲れさん。

 

byサトイワ。