キャリア相談を受けてくださったGさんのご感想を紹介いたします。

 

 

私がキャリア相談を受けようと思ったきっかけは、
仕事での課題、職場の人間関係、家庭との両立、キャリアコンサルタントとしての将来像、そして新型コロナウイルスの対応など、なかなか先が見えない状況下で、色々なことを考えるうちに、自分自身の今後の方向性が見えなくなり、不安な気持ちになったからです。

考えがほとんど整理できていない状態で相談を受けましたが、私のまとまりのない話や気持ちを丁寧に聴いていただき、徐々に頭の中が整理されていく感じがしました。

また、その中で杞憂や思い込み、矛盾に気づき、今悩むべきことが明確になり、そして、今後の方向性も自然と見えてきました。

なりたいイメージが明確になったことで、その目標に向けてどうしたら良いか、現実的に考えられるようになったと思います。

また、数年前からキャリコンを学んできましたが、「これがキャリアコンサルティングなんだ!」とようやく腑に落ちた気がしました。

キャリア相談は、言葉ではなんとも捉え難いものですので、悩んでいる方はもちろん、キャリアコンサルタントを学んでいる方も、実際に受けてみることをオススメします!

 

Gさんのお仕事は、新型コロナで緊急事態宣言が出ている中でも、

私たちのライフラインを守るための仕事であり、Gさんたちのような方が今日も

働いてくださっていることで自宅待機ができるのだと感謝しかないです。

 

混乱の中の日々だからこそ、仕事での課題、そしてキャリアコンサルタントは自分が目指しているものなのかと改めて自分に説いているGさんは、困難を投げだし諦めたり批判するのではなく、自ら困難を乗り越えようとしています。

 

そんなGさんは、一人で悩む日々に疲れ、どうしていいのか分からないという時、

キャリア相談を使ってくださっています。

 

定期的に、自分が立ち止まってキャリアを整理するタイミングを知っており、

そして、キャリアコンサルティングが有効であるということを知っているからこそ、

相談できるのでしょう。

Gさん、お忙しい中、ご感想ありがとうございました。

 

ひらめき電球キャリアとは「仕事を中心とした人生」そのもののこと。

仕事の今、これからについて不安に感じていること、疑問に思っていることなどをプロに話してみませんか。

※7/26(月)~8/22(日)まで夏休企画!

特別価格にてキャリア相談を体験していただけます。