中山アカデミーがお届けする、

【産業カウンセラー試験対策】演習問題一問一答

まずは選択問題からです。

 

 

<問題23>

心理検査を使用する上で間違っているものの組み合わせを選びなさい。

 

A. 誰でも心理検査を初めて実施する際は初心者なので、徐々に勉強していくとよい。

B. 1 つの心理検査で受検者の全てを把握することは出来ない。
C. 心理検査を実施する際には手引書や解説書をもとに自分の解釈を交えてフィードバックを行う。
D. 受検者をなるべく良く知るために、複数の心理検査を組み合わせて実施するほうがよい。
E. 心理検査結果について過信せず、控えめに解釈することが肝要である。

 

1. AとBとC 

2. AとBとE 

3. AとCとD 

4. AとDとE 

5. AとCとDとE

 

※解答は下にあります。

 

 

 

 

 

 

<解答> 3

 

<解説>

間違っている選択肢についての説明

 

A.心理検査を利用するにあたっては、専門家として、その検査の理論的背景や実施方法を十分に理解して、実施目的を明確にする必要がある。相談者への実施で勉強していくというのは論外である。

C. 心理検査のフィードバックは、自己流であってはならず、手引書や解説書のとおりに実施する必要がある。

D.受検者を知りたいというキャリア・コンサルタント側の興味から心理検査を実施してはならない。受検者に了承を得た上で、最小限の検査を実施するのにとどめるべきである。

 


 

 

産業カウンセラー試験対策教材はこちら

 

>>中山アカデミー 教材販売サイト(産業カウンセラー)