筋膜リリース | サンテ整骨院へようこそ

サンテ整骨院へようこそ

福岡市博多区店屋町に本院があるサンテ整骨院グループのスタッフブログです。
天神整骨院、博多駅東整骨院、火の見下整骨院、と福岡県内に4院あります。海外にも進出中。
保険証が使える【交通事故対応認定整骨院】

11/3は文化の日。

皆さんは文化の日が元は何の日かは知っていますか?

実は明治天皇の誕生日だそうで、それが文化の日として祝日として制定されているのです。

 

私もさっき調べて知りました(笑)

そんな小ネタを繰り出したくなる秋の日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

 

さて、今日のテーマは『筋膜リリース』です。

 

サンテ式マッサージは指圧をメインとした若干強押しのマッサージです。

それはそれで患者さんの支持も高いのですが、

最近弱押しのウェーブが私や博多駅東院長の折居GMに来ています。

2人の方向性は現在若干違うものの、弱く押すという事では一致しております。

 

今回は私の方を説明致します。

 

筋肉が硬くなるのがいわゆるコリであって、これがあるから辛い状態にある訳です。

 

ならばそのコリをギュ~っと押して、疲労物質を押し流してあげれば好調になるというのが普通のマッサージの考えです。

 

では、下記の画像を見てください。

 

 

筋肉というのは、大雑把に言えば

・筋線維

・筋膜

で出来ています。

 

今までは全部を含めたいわゆる『筋肉』を押して血行を良くする考えでしたが、

ここ最近『筋膜の癒着』に注目するようになりました。

 

なぜ筋膜の癒着に注目するようになったかというと、

まず筋肉を強く押すと確かに気持ちがいいのですが、交感神経が働き興奮状態になり、かえって筋肉が硬くなってしまう恐れが分かってきたからです。

 

優しい力で筋膜を刺激して癒着を剥がしてあげると、筋膜に包まれた筋線維が動きやすくなり、

実はそれだけで筋肉が柔らかくなることが分かってきました。

それで、私のマッサージ方法もちょっと変化をさせてみようかと考えるに至りました。

 

筋膜へのアプローチは、現在は2つの方法を採用しています。

 

①筋膜を剥がすように軽くさする。

②指圧を使うが、圧力の到達深度を筋膜にとどめる。

 

他にも方法はいろいろありますが、現在はこの手法でリリースを行っています。

 

この筋膜リリースを採用してから、肩や腰の筋肉の硬さを今までより格段に速く解消でき、腱鞘炎などの痛みを急速に減少させることができるようになりました。

マッサージを受けている患者さんの物足りなさも、あまりない模様です。

 

まだまだ修行中ですが、このブログを読んで筋膜リリースを受けてみたいという方は、遠慮なく私にお伝えください。

 

頑張りマッスルグッド!

 

 

 

 

 

鶴田

 

サンテ整骨院グループ

 

ランキングに参加してます。励みになるので2つとも1クリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村


整骨・接骨 ブログランキング